アブラムシ退治の対策5選

アブラムシ退治・対策5選

アブラムシが付くと、せっかくの野菜やお花が台無しになってしまいますね・・・。

そんなアブラムシを退治するには、どのような対策をすればよいでしょうか?

そこで今回は、アブラムシ退治の対策5選について、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

アブラムシが植物に与える影響

アブラムシが植物につくと、葉や茎から養分を吸い取ってしまいます

そして、その吸い上げた養分から不要な水分と糖分を排出しますが、その排泄物を栄養とし、黒いカビが繁殖することがあります。

 

そのカビが広がると、葉が黒くすすけたように汚くなり、黒くなった部分の葉は光合成がうまくできなくなるため発育不良になってしまいます。

この病気は「すす病」と言い、一年を通して発生する可能性があります。

 

アブラムシ退治の対策

植物が病気にかからないようにするためには、原因を作るアブラムシをよせつけないことが大切です。

※参考記事:アブラムシの予防法11選

また、アブラムシが付いてしまった時には早めに対策を取りましょう。

それでは次に、アブラムシを退治するにはどのような対策をすればよいかを、ご説明していきます。

 

手で処理する

アブラムシを見つけた時に真っ先にできる対策は、自分の手で潰すことです。

見つけた瞬間に対処できるので何よりもスピーディですね!

しかし、「気持ち悪いアブラムシを手で触りたくない」という方が大半でしょう。

 

その場合はティッシュや歯ブラシなどでこすり落とすのが有効です。

また、ガムテープでくっつけて取るという方法もスタンダードです。

 

大量に群がっている場合はぺたぺたと一度に駆除できてお手軽ですね。

しかし、いずれの方法を試す場合も、植物を傷つけないように、強くこすったり、粘着力の強すぎるテープの使用には気を付けましょうね。

 

光の反射を利用する

アブラムシは光がとても苦手です。

そのため、アルミホイルなど光を反射するようなものを植物の根元などに置くことで、アブラムシが近づいてくるのをある程度防ぐことができます。

Sponsored Link

その特徴を利用した、防虫用の「シルバーテープ」や「ビニタイ」などがホームセンターなどで市販されていますので、そういった商品を利用するのも良いでしょう。

 

市販の防虫スプレー

様々な防虫成分の入ったスプレーが市販されていますが、中でもニームという木から抽出した自然の成分のものならば、安心して野菜にも使用することができます。

ニームスプレーはホームセンターなどで購入できます。

防虫スプレーは、効き目が永久に続くわけではないため、小まめにスプレーすることが必要ですよ。

 

殺虫剤オルトラン

即効性がある殺虫成分のオルトランは、スプレータイプ粒タイプがあります。

粒タイプは植物の根元撒くことで、長い効果できます。

 

口に入る野菜などにも使えますが、その場合は収穫何日前まで使用して良いか決まりがあるため気をつけましょう。

オルトランもホームセンターなどで購入できます。

 

手作りのスプレー

野菜の栽培に使用する場合は、農薬を使うことに抵抗がある方も多いと思います。

その場合は、自宅にあるもので簡単にできる手作りのスプレーを作ってみてはいかがでしょうか?

意外とコストもかからず、効果もあるのでおすすめですよ。

 

手作りスプレーの種類
牛乳

牛乳のみをスプレーしたり、木酢液を牛乳に混ぜてスプレーする方法で、牛乳が乾く際に牛乳の膜がアブラムシを窒息させる効果で退治します。

 

石鹸水

石鹸水をスプレーしたり、石鹸水に油少々を足してスプレーする方法で、石鹸の成分がアブラムシの産毛の間に入り込み、窒息させる効果があります。

 

まとめ

アブラムシが植物に付くと病気の原因となり、植物の発育不良に繋がるため、早めの撃退が必要です。

アブラムシの退治法は殺虫剤を使用する方法から、無農薬で退治できる方法も様々あります。

 

予防とすでに付いてしまったアブラムシの退治のために、複数の方法を合わせて使うと、より効果が上がりますよ。

ぜひお試しくださいね。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ