朝に鼻血が出る原因3つと対処法4選

朝に鼻血が出る原因3つと対処法4選

朝起きて、顔を洗おうと鏡を見たら、鼻血が出ていたなんて経験はありませんか?

いきなり朝から鼻血を見ると、ビックリしてしまいますよね。

そこで今回は、朝に鼻血が出る原因3つと対処法4選について、ご紹介します。

Sponsored Link

 

朝に鼻血が出る原因

無意識に鼻をいじる

朝に鼻血が出るのは、寝ている時に、無意識に鼻をいじっているせいかもしれません。

鼻血のほとんどは、小鼻の内部にあるキーゼルバッハ部位というところから出ていることが多いのですが、この部位に細い血管が集まっているため、ちょっとした衝撃で傷ついて、鼻血が出てしまうのです。

 

血圧の上昇

血圧が上昇すると、キーゼルバッハ部位にある細い血管が破れてしまい、鼻血が出てしまいます。

寝ている時は、昼に動いた活動の疲労を回復するために副交感神経が働き、血圧は起きている時の約20%ほど下がっています。

しかし目が覚めてくるにつれ、今度は活動しやすい状態を作るために交感神経が働き、血圧が一気に上昇してしまうので、鼻血が出やすくなるのです。

 

病気

「朝にだけ鼻血が出る」という病気はありませんが、白血病や血液の病気になると鼻血が出やすくなるため、朝に限らず、頻繁に鼻血が出るという方は、病院で診てもらうことをおすすめします。

 

朝に鼻血が出る場合の対処法

鼻血を止める

まず鼻血が出た時は、静かに座って頭を下げ、小鼻の上をギュッとつまみ、5分くらい押さえておくと、鼻血は止まります

よく、上を向いて鼻血を止めようとする人がいますが、これは鼻血が逆流してしまい、鼻血が多い時には胃に流れ、塊となってしまう場合もあるので気を付けてください。

Sponsored Link

 

また、脱脂綿やティッシュペーパーを使う時は、細長いこより状にし、鼻の中に押し込み、キーゼルバッハ部位を圧迫すると止血の効果がありますが、鼻の入口だけに詰めても効果はないので、鼻の奥までしっかりと詰め込むようにしてくださいね。

※参考記事:鼻血の止め方2選と注意点5つ

 

粘膜保護クリームを塗る

鼻の内部の粘膜が弱くなっている場合には、粘膜保護クリームを塗ることで、乾燥するのを防ぎ、鼻血を出にくくします。

ちなみに、市販されている薬は刺激が強く、悪化させてしまう場合があるので、できれば処方されたものを使う方がよいでしょう。

 

鼻の粘膜を傷つけないようにする

寝ている時に、無意識に鼻をいじっている可能性がある場合は、鼻の粘膜を傷つけないように、爪を切ることも効果的ですね。

また、マスクをすることも、鼻を触るのを防ぐとともに、鼻内部の乾燥を予防でき、粘膜を傷つけずにすみますよ。

 

血圧の上昇を抑える

朝、鼻血が出る原因の1つは、血圧が一気に上昇してしまうことにありました。

そのため、血圧の上昇を抑える生活を心がけることで、鼻血を出にくくすることができます。

 

では、血圧の上昇を抑えるためには、どうしたらよいのでしょうか?

次にご紹介していきます。

 

布団の中で深呼吸する

急に起き上がると、血圧が上がってしまうので、目が覚めたらすぐに布団から出るのではなく、布団の中で何度か深呼吸を行ってから、ゆっくりと体を起こすようにすると、血圧の上昇を抑えることができます。

 

寒暖差に気をつける

暖かいところから寒いところへ行くと、血管が収縮し、血圧が上昇してしまうので、これからの寒い時期は、室内から室外へ行く時、また、室内でも冷え込みがちな浴室やトイレに行く時は、急激な温度変化に注意が必要です。

また、手や顔が冷水に触れるだけでも血圧は上がってしまうので、手や顔を洗う時は、温水を使うことをおすすめします。

 

まとめ

以上、朝に鼻血が出る原因3つと対処法4選について、ご紹介しました。

ぜひ今回の記事を参考に、朝の鼻血対策を行ってみてくださいね。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ