足裏にささくれができる原因と対処法3選

足裏にささくれができる原因と対処法3選

足裏にできたささくれは、無理やりむこうとすると痛いですし、どうしたら治るか、とても気になりますよね。

そこで今回は、足裏にささくれができる原因と対処法3選についてご説明していきます。

Sponsored Link

 

足裏のささくれができる原因

実は今、私も足裏のささくれに悩んでいます。

足裏は見えないところなので、「別に気にしなくてもよいかな」なんて思っていても、やはり足裏のささくれを見つけると気になってしまい、ついついむきすぎて痛い思いをしています。

 

昔はこんなことなかったのですが・・・(笑)

それでは次に、足裏のささくれができる原因を挙げていきます。

 

乾燥

足裏のささくれと、乾燥は大きく関係しています。

ちなみに子供の足裏は、潤ってすべすべのことが多いですよね。

 

年齢と共に足裏の皮脂も少なくなっていきますし、特に冬場は空気も乾燥していますので、ささくれの症状が増えやすいと言えます。

また、足裏の皮は手よりも厚いので、ささくれになるとむける皮も分厚くなり、痛みを増してしまいます。

 

対処法

乾燥により足裏のささくれの症状が出る場合の対処法としては、何よりも「保湿」が大切です。

尿素が配合された、「ケラチナミンコーワ ヒビエイド」「フェルゼアHA20クリーム」などの保湿クリームを塗り、しっかりと足裏の保湿をしてあげましょう。

 

お風呂上がりなどにたっぷり塗り、軽く足裏をマッサージすると血行も促進され、より効果的です。

保湿できる靴下などもありますので、試してみるのもよいでしょう。

 

栄養不足

栄養不足が原因で、足裏のささくれができることも多いです。

ささくれ予防として重要な栄養素は

  • タンパク質
  • ビタミン類
  • ミネラル類

これらになります。

 

タンパク質は皮膚が作られる元となり、ビタミン類は皮膚を健康に保ち、美しく保つ大切な栄養素です。

不足してしまうと、健康的な足裏の皮膚が作られず、ささくれができやすくなってしまうのです。

Sponsored Link

 

対処法

栄養不足によりささくれができているのですから、栄養バランスのよい食事を摂るよう心がけましょう

タンパク質は魚や肉に多く含まれていますし、ビタミン類も野菜や果物に多く含まれています。

 

バランスよい食事を摂るようにして、身体の根本からささくれの原因を改善していきましょう。

また、貝類に多く含まれるミネラル成分の亜鉛も、皮膚の新陳代謝を促す大切な栄養素ですので、意識的に摂るようにしてくださいね。

 

血行不良

足裏の肌は、他の肌に比べて硬いですよね。

長時間立ち仕事が続いたり、冷えた状態が続くことで、足裏は冷えて硬くなり、血行不良になることで乾燥しますので、ささくれができやすくなります。

 

血行不良は肌の保湿機能を低下させてしまいます。

特に硬い足裏は、血流が巡りにくい場所なので、ささくれができやすいと言えるでしょう。

 

対処法

足裏の血行をよくするためには、冷やさないことが大切です。

入浴時は湯船に浸かり、足裏マッサージなどをして、血行をよくしましょう。

 

絹の靴下を履くと、保温効果があるため、ささくれの原因冷えを防ぐことができます。

夜、足が冷たくて寝られない人は、絹の靴下を履いて寝てみてください。

逆に、ゴムがきつくて足を締め付けてしまう靴下は、血流によくないため、ゆるいものを選びましょう。

 

ささくれは、無理にむかない!

足裏にささくれができると、どうしても気になって、むいてしまいたくなりますよね。

しかし無理やりむくと、余計な皮までむけてしまったり、痛くなることが多いです。

 

最近では、無理なく気持ちよいほど足裏の皮がむけてくる「ベビーフット」という商品もありますよ。

市販品ですので簡単に手に入りますが、薬剤が肌に合わない場合もありますので、初めて使用する時は注意してくださいね。

 

まとめ

足裏のささくれには、乾燥、栄養不足、血行不良などの原因があります。

まずは足を冷やさないこと、そしてお風呂上がりなどにマッサージをした後、クリームなどで保湿をし、毎日の食事の栄養バランスも気をつけることで、改善されることが多いです。

 

くれぐれも、以前の私のように、無理やりむいてしまうことはやめましょうね。

また、その他「足裏・ささくれ」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

→足裏に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

→「ささくれ」に関する情報一覧

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ