バリウムが出ない場合の対処法8選

バリウムが出ない場合の対処法8選

バリウムとは、胃のレントゲンの検査時に使う、白くてとろみがあり、重みのあるドロドロした美味しくない液体です。

そして「バリウムを飲んだ時、げっぷを我慢するのが大変」という声をよく聞きますが、飲んだ後も、そのバリウムがなかなか出ないと大変ですよね・・・。

そこで今回は、バリウムが出ない場合の対処法8選について、ご紹介していきます。

Sponsored Link

 

バリウムが出ない場合の対処法8選

下剤を飲む

バリウムは硫酸バリウム、水、粘着材でできています。

粘度も高いので内蔵に引っかかりやすく、するりと出てこない場合があります。

 

検査後は下剤を処方されることが多いので、指示通り飲み、徐々にバリウムを体外へ出すようにしましょう。

下剤が体に合わない場合もあるので、用法は必ず守り、処方した医師の指示に従いながら飲んでくださいね。

 

水分を多く摂る

バリウムを早めに出すには、水分をたくさん摂ることも大切です。

最近では粘度の少なめな、排出されやすいバリウムを使うことが多くなっていますが、出ない場合は水分を多く摂ってください。

検査後は1日2.5リットルは水を飲むようにして、なるべくお茶やコーヒーではなく、水が白湯にするようにしましょう。

 

アルコールは避ける

「同じ水分なら、アルコールでも大丈夫なんじゃないか?」と思う人もいるかもしれませんが、アルコールはバリウムを固めるさようがあるため、避けてください。

またアルコールの摂取は、脱水症状などを起こしてしまう可能性もありますので、バリウムが完全に出るまでは我慢してくださいね。

※参考記事:風邪薬とお酒を一緒に飲む危険性4つ

 

油で滑りをよくする

バリウムは粘着性の高い液体なので、腸の中でくっつきやすくなっています。

Sponsored Link

そんなバリウムが出ない場合、で腸のすべりをよくすることは効果的なので、積極的に摂取してください。

 

マヨネーズを野菜につけて食べたり、オリーブオイルを野菜ジュースに入れてそのまま飲んでしまってもOKです。

ただ、あまりにも油の取り過ぎで、胃もたれや調子が悪くなってしまうこともありますので、注意しながら摂ってくださいね。

 

水溶性食物繊維を摂る

バリウムが出ない場合、水溶性食物繊維を多く摂ると効果的です。

水溶性食物繊維とは、

  • こんにゃく
  • ところてん
  • 納豆
  • 山芋

などに多く含まれていて、保水性が高く、水に溶けるとゲル状になります。

 

そんな液体がバリウムを外に出す手助けをしてくれますので、積極的に摂るようにしてください。

しかし同じ食物繊維でも、ごぼうやキャベツに含まれる不溶性食物繊維は、水に溶けない食物繊維なので、便の硬さを増してしまいますので、注意してくださいね。

 

刺激物を食べる

辛いものを食べた後、必ずお腹を下す人っていますよね?

実は私もそうなのですが、辛い食べものが大好きなのに、食べた日は必ずお腹を下します。

 

刺激物は強制的に下痢になるほど、腸に刺激を与えますので、ぜん動運動を活発化させてバリウムを外に出すことができます。

・・・しかし、辛いものが苦手な人は、避けた方がよいでしょう。

 

体を動かす

便秘の時と同様、体を動かして腸の動きを活発にすれば、バリウムが出やすくなります。

そこでヨガやストレッチのような、体をひねって腸を刺激する運動をして、活性化させてください。

また、体が冷えても便秘の原因になりますので、冷やさないように心がけましょう。

 

どうしても出ない場合は病院へ

バリウムを飲んだ後、5日以上経っても出ない場合は、病院で診てもらいましょう

その場合、新たに下剤を処方されることが多いです。

5日以上経たなくても、腹痛などがある場合は、早めに受診してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バリウムは検査中も不快ですが、検査の後もきちんと出さないと、その後の健康状態に影響が出てしまいます。

上記の方法を試してみて、なるべく早めに体外に出し切るようにしてくださいね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ