バッタの駆除方法4選

バッタの駆除方法

バッタによって植物や野菜などの被害を受けてしまうと、できる限り駆除したいと思いますよね。

またバッタの見た目が気持ち悪く、見るのも嫌だという人もいるでしょう。

そこで今回は、バッタの駆除方法4選について解説していきます。

Sponsored Link

 

バッタの駆除方法

農薬を使う

バッタの駆除方法として一番手っ取り早いと言えるのが、農薬を使うことです。

農薬を使えば、バッタを一網打尽にすることができますので。

ただし、植物や野菜への影響を考えて「農薬は使いたくない」という考えを持つ人は少なくありません。

 

虫取り網を使う

もし農薬を使わずにバッタを駆除したいのであれば、アナログな方法ではありますが、虫取り網を使ってバッタを確保し、駆除しましょう。

この方法であれば、植物や野菜を傷つけることはありません。

ただし、かなり労力がかかってしまうことが難点ですね。

 

掃除機で吸い取る

もし虫取り網があなり非効率だと思った場合は、掃除機でバッタを吸い取り駆除する方法もあります。

現在はポータブルの掃除機がありますので、それでバッタを片っ端から吸っていきます。

集めたバッタは、掃除機のパックごと捨ててしまえばよいので、かなりラクですよ。

Sponsored Link

 

シソ科やキク科の野菜を植えておびき寄せる

バッタは、シソ科やキク科の野菜を好みます。

なので、バッタが発生しやすい場所にシソ科の野菜を植えておびき寄せ、一気に確保し、駆除してしまうという方法もあります。

 

バッタの予防方法

バッタを駆除する前に、そもそもバッタを発生させないための予防方法もあります。

 

雑草をこまめに刈り取る

バッタを予防方法としてまず挙げられるのは、雑草をこまめに刈り取るということです。

バッタは雑草を好みますので、その雑草を刈り取ることでバッタの発生を抑えるのです。

まとめて刈り取るよりも、こまめに刈り取る習慣をつけた方が効果は高いですよ。

 

防虫ネットを張る

バッタに侵入してほしくないところがあれば、そこに防虫ネットを張るという方法もあります。

ただしよく人間が出入りするところですと、出入りが少し面倒になってしまいます。

またバッタの幼虫は小さいので、防虫ネットの間から侵入してしまうことがあります。

 

バッタの幼虫は必ず駆除しておく

そして、バッタの幼虫は必ず駆除しておくようにしてください。

幼虫は何も被害をもたらさないからといって放置しておくと、すぐに成虫となり、大きな被害をもらたすことになりますので。

 

まとめ

以上、バッタの駆除方法4選でした。

また合わせて、バッタの予防方法についても解説しました。

バッタは放置しておくとどんどん増えていくだけですので、今回解説した方法で駆除するようにしてください。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ