膀胱炎で寝れない場合の対処法5選

膀胱炎で寝れない場合の対処法5選

膀胱炎になると、とてつもない痛みに襲われ、辛いですよね・・・。

また痛みがひどくて寝れないと、睡眠不足によって免疫力が低下し、膀胱炎を悪化させてしまいます。

そこで今回は、膀胱炎で寝れない場合の対処法5選をご紹介します。

Sponsored Link

 

膀胱炎で寝れない場合の対処法

水分を摂る

膀胱炎の対処法は、とにかく水分を摂って何度も排尿し、膀胱炎の原因菌を体外に排出することが一番です。

 

体内に少しでも細菌が残っていると、抵抗力が弱った時に、細菌が増殖して膀胱炎を再発させるため、できるだけたくさん水分を摂り、排尿することが大切です。

排尿時の痛みは辛いですが、早く治すためにもそこは我慢ですよ。

 

お腹を温める

膀胱炎で痛みがひどい時は、お腹を温めるのも、痛みを緩和するには効果的です。

体が冷えると血流が悪くなり、抵抗力が弱くなります。

 

その結果、膀胱炎を悪化させてしまうので、体が冷えないように温めてあげることが大切です。

ちなみに私が膀胱炎の際は、お腹にホッカイロを当てたり腹巻をしたりして、痛みの症状を和らげていました。

 

生活習慣を正す

免疫力が低下すると、膀胱内の細菌が増殖し、膀胱炎を悪化させてしまうため、免疫力が低下しないように、生活習慣を正すことが大切です。

 

では免疫力を上げるために、どのような生活習慣を心がけたらよいのでしょうか?

次に紹介していきます。

 

睡眠を取る

睡眠不足が続くと、頭がもうろうとし、体がだるく感じますよね。

また、集中力や免疫力が低下するなど、体のあらゆるところに異変を感じることもあります。

 

それほど睡眠は、私たちの体を守るために欠かせないものなのです。

そのため、膀胱炎を早く治すためにも睡眠をよく取り、免疫力を高めることが大切です。

Sponsored Link

 

食事に気をつける

高カロリーな食事や暴飲暴食などの食生活の乱れも、免疫力を低下させ、膀胱炎を悪化させてしまいます。

なので高カロリーな食事を摂る時には、その分野菜をたくさん取り入れるなど、栄養バランスのよい食事を心がけることが大切です。

また、アルコールや味の濃い食事は膀胱炎を悪化させるため、症状が治まるまで、控えることをおすすめします。

 

運動をする

普段からあまり運動をしない人は、免疫力が低下し、膀胱炎を再発しやすいです。

なので、毎日少しでも体を動かすようにし、免疫力を上げることが大切です。

電車で通勤している人なら、一駅分歩いてみるというのもいいかもしれませんね。

 

ハーブティーを飲む

膀胱炎に効果があるハーブティーを飲むことで、症状を和らげることができます。

ハーブはお茶として飲むだけでなく、香りでストレスを解消してくれる効果もあるため、おすすめです。

 

では次に、膀胱炎に効果があると言われているハーブをご紹介します。

 

■ウワウルシ

 

利尿作用や抗菌作用があり、膀胱炎の症状を緩和してくれます。

少し苦味があるので、苦手な人もいるかもしれませんね。

 

■エキナセア

 

ウイルスや細菌の侵入を防ぎ、免疫力を高める働きがあるそうです。

膀胱炎の痛みも緩和するそうなので、試してみるといいですね。

 

■クランベリー

 

少し甘酸っぱい香りと味がして、私は好きですね。

クランベリーには、細菌の増殖を抑えて、排出を促す効果があります。

 

■コーンシルク

 

とうもろこしのような甘い香りと味で、飲みやすいですよ。

利尿作用と、細菌の排出を促進する効果があります。

 

気を紛らわす

膀胱炎で寝れない時は、テレビを見たり、本を読むなどして気を紛らわすのもひとつです。

しかし、すぐ病院に行ける場合や対処できる時は、我慢しないでくださいね。

 

まとめ

今回は、膀胱炎で寝れない場合の対処法をご紹介しました。

膀胱炎は、治ってもまた再発してしまう厄介な病気ですが、きちんと予防をしていれば感染を防ぐことができます。

 

痛みで眠れないとストレスも溜まってしまいますからね。

免疫力を上げて、膀胱炎にならない体を目指しましょう

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ