ブヨが発生する季節と生息地6つ

ブヨが発生する季節と生息地6つ

気がついたらどこからともなく出没するブヨですが、ブヨが発生する季節や生息地をご存知でしょうか?

そこで今回は、ブヨが発生する季節と生息地6つについてご紹介していきます。

Sponsored Link

 

ブヨが発生する季節

3月から6月の春頃は1日中発生する

3月から6月の、気温が高くもなく低くもない春の季節が、ブヨにとっては一番活動しやすい季節です。

この時期は、ブヨの発生が一番多くなります。

1日を通して、気温の変化が穏やかなため、朝早くから飛び回り、日が落ちるまで1日中ブヨを確認できます

 

7月から8月の真夏には、朝と夕方に発生する

7月から8月は、日中の気温がかなり高くなりますので、ブヨは早朝の気温が上がる前と、夕方以降の気温が下がってから、一斉に行動を開始します。

日中はというと、木陰で休んでいますので、日中でも涼しい山中や高山地域では、ブヨは活動しています。

夏休みにの夕方に、よくブヨが発生しているのは、強い日差しと暑さがなくなるからなのです。

 

秋の始まりの9月には再び1日中発生する

9月になると暑さも和らいできて、徐々にブヨの1日の活動時間が長くなります。

春と同様、1日を通して活発に飛び回ります

 

そして10月に入ると、一気に気温が下がりますので、ブヨは見かけなくなります。

また、春先でも雪が降っている場合は、ブヨは発生しません。

 

ブヨの生息地

森林などの山中

ブヨ生息地の代表的な場所として、森林などの山中があります。

たくさんの木に囲まれると、日光はさえぎられ、夏でも山中は常に気温が低く、高い湿度を保てるため、ブヨが生息するには最適の環境です。

 

冬場以外で山中に入る際には、常にブヨ対策が必要ですね。

また、その他のブヨ対策については、下記記事を参考にしてみてください。

→ブヨに刺されないための対策8選

 

きれいな水の川の清流

ブヨの幼虫は、きれいな川などの水中で生息しています。

Sponsored Link

川の中で育ったブヨの幼虫は、成虫となっても清流の周りで生息すると言われています。

民家があまり周りにない、山奥の川の清流で多く生息しているのを見かけますので、逆に都会の汚れた水の川で生息することはできません。

 

河原にあるキャンプ場

キャンプ場は、山を切り開いた場所に作られていることが多く、最近ではブヨの生息地となっています。

草木が周りに生い茂っているキャンプ場は、ブヨが夏の日中に生息する場所として選びやすく、さらに近くに川があると、ブヨの幼虫が水中で生息している可能性が高いです。

夏の日中は、バーベキューの匂いなどでもブヨが集まってきやすく、そのまま生息地として住みつくブヨもいます。

 

ゴルフ場

ゴルフのプレー中に、ブヨに襲われる方も多いですが、実はゴルフ場もブヨの生息地となっているのです。

山林の近くにあるゴルフ場は、芝生も多く、芝生の中の湿度や涼しさを利用して、芝生の中やその付近に生息する場合があります。

 

近くの山中からゴルフ場の方が住みやすいと判断した場合、ゴルフ場にに生息地を変えるブヨもいますので、夏場など薄着でゴルフをする時は、注意してくださいね。

 

湧き水を利用して生活している家の周辺

きれいな水のそばで生息することが多いブヨの成虫と幼虫は、自然豊かな地域で、湧き水を使って生活されているご家庭の周りを、生息地として選ぶ時があります。

また、家の周りに常に山から流れてきた水が溜まっている場合、ブヨの幼虫の生息地となりうる可能性があります。

家の敷地内に、きれいな水のため池や井戸がある場合も、ブヨが生息地として選んで生活しているかもしれませんよ。

 

大きな公園にある巨大な噴水

ごくまれに、敷地が広い大きな公園に設置されている巨大な噴水が、ブヨの生息地として確認されています。

これは噴水の水が浄化した水の場合、ブヨが寄ってきてしまい、いつの間にか生息地になっていることがあるそうです。

噴水の前で写真を撮っている間に、ブヨに刺された方もいらっしゃいますので、一応ブヨがいないかの確認はしたほうがよさそうですね。

 

まとめ

以上、ブヨの発生する季節と生息地を6つご紹介しました。

基本的には都会では見かけませんが、お出かけの際には、行き先がブヨの生息地になっていないか、確認してみてくださいね。

また、万が一ブヨに刺されてしまった場合は、下記記事を参考にしてみてください。

→ブヨに刺された時に効く市販薬9選

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ