カシューナッツの食べ過ぎによる悪影響8つ

カシューナッツの食べ過ぎによる悪影響8つ

カシューナッツはおつまみとしても、炒め物などに入れて食べても、とても美味しいですよね。

私は大好きなので、ついつい食べ過ぎてしまいがちです・・・。

そこで今回は、カシューナッツの食べ過ぎによる悪影響8つについて、ご説明しています。

Sponsored Link

 

カシューナッツの食べ過ぎによる悪影響

ニキビ・吹き出物の原因となる

カシューナッツに限らず、ナッツ類には油分が多く含まれています

カシューナッツに含まれる油自体は、不飽和脂肪酸で体内では固まらないのですが、カシューナッツを加工する際に、油やバターが使用されることが多いため、ニキビができやすくなっているのです。

つい食べ過ぎてしまう人は、カシューナッツを選ぶ時、加工がされていないものを選ぶとよいでしょう。

 

太る

カシューナッツの油分は、比較的太りにくいとされていて、適量ならダイエットにも効果的と言われています。

しかし、どんなにダイエットに効果的な食品でも、食べ過ぎてしまっては本末転倒です。

 

カシューナッツのカロリーは、100グラムあたり約580カロリーあります。

1粒に換算すると9カロリーですが、ぱくぱく食べてしまう人は要注意ですね。

味付けに油や塩を使用していますので、それらも太る原因となります。

 

腹痛・下痢になる

カシューナッツを食べ過ぎると、不飽和脂肪酸のオレイン酸や食物繊維の影響で、腹痛や下痢が起こることがあります。

こちらも適量でしたら便秘解消に効果的なのですが、食べ過ぎてしまうと腸内を刺激しすぎてしまい逆効果ですので、1度に大量のカシューナッツを食べることは避けてくださいね。

 

吐き気・嘔吐の症状が出る

カシューナッツを食べ過ぎると、油分が腸内に溜まり、気持ち悪くなることがあります

ひどくなると吐き気や嘔吐などの症状も出てきます。

Sponsored Link

消化もよい食べ物ではありませんので、食べ過ぎることで長く腸に溜まることから、腸内環境の悪化にもつながります。

 

塩分の摂り過ぎ

一般に売られているカシューナッツは、加工してあるものが多く、食べると塩味がするものが多いですよね。

味付けしてあるカシューナッツは、おつまみとして食べると大変美味しいですが、ついつい後を引いて食べ過ぎてしまいます。

 

そうした塩分の摂り過ぎは高血圧の原因にもなります。

塩分の摂り過ぎには気をつけるためにも、味付けのしていないカシューナッツを選ぶとよいでしょう。

 

顎が痛くなる

カシューナッツはそれほど硬くないナッツですが、大量にぽりぽり食べていると、顎が痛くなります

私もカシューナッツの食べ過ぎで、顎が痛くなり、顎関節症になりかけた経験があります。

顎の健康のためにも、カシューナッツの食べ過ぎには注意してくださいね。

 

肌荒れ

カシューナッツは、少量であれば肌にもよい効果をもたらしますが、食べ過ぎの場合、特に酸化したカシューナッツを食べ過ぎると、肌荒れの原因となります。

 

偏頭痛

カシューナッツに含まれる「チラミン」という成分は、大量に摂取すると頭痛を起こすことがあります

チラミンにより、血管収縮作用が働くため、食べ過ぎると頭痛が起こる原因となるのです。

 

カシューナッツは1日30個まで!

カシューナッツは適量でしたら、身体によい影響を与えることが多い食品です。

しかし、ご紹介したように、食べ過ぎによる悪影響もあります。

理想的な摂取量は1日20個前後、限度は多くても30個までとし、特に味が付いているカシューナッツは塩分の問題もありますので、少なめしましょうね。

 

まとめ

カシューナッツを食べ過ぎた場合の悪影響をまとめてみました。

どんな食べ物も、食べ過ぎでは身体に悪影響を与えてしまいます。

ついつい食べ過ぎてしまいがちな人は、なるべく味付けしていないカシューナッツを選ぶようにしてくださいね。

 

適量を美味しく食べるようにしましょう。

カシューナッツの効果・効能については、下記の記事も参考にしてみてください。

→ カシューナッツの効果・効能9つ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ