ダンゴムシを駆除する方法5選

ダンゴムシを駆除する方法5選

ダンゴムシは子供が見つけると喜ぶ、かわいい虫ですよね。

しかし一方では、草の芽などを食べることもあり、ガーデニングの天敵とも言われています。

今回は、ダンゴムシを駆除する方法5選について、ご説明していきますね。

Sponsored Link

 

ダンゴムシを駆除する方法

木酢液を使う

木酢液とは、炭を焼く過程で発生する水蒸気のことで、200種類以上の成分を含んでいます。

ホームセンターやネット通販などで売っている、焦げた臭いのする液です。

ダンゴムシもこの臭いを嫌がるため、庭の土に撒いておくことで、ダンゴムシの侵入を防ぐことができますよ。

 

酢を撒く

を20倍ほどに薄めてスプレー容器に入れ、ダンゴムシを駆除したいところに噴霧します。

ダンゴムシは酢の臭いも嫌うため、酢をスプレーすることで、駆除に効果的です。

 

植物には害はありませんし、酢なので人間にも害はありません。

気になるツンとする臭いも10分程度で消えていくでしょう。

 

空き缶を土に埋め、落とし穴を作る

ダンゴムシにも人にも優しい駆除方法として、空き缶などでダンゴムシの落とし穴を作る方法があります。

子供の頃、ダンゴムシの落とし穴を作って遊んだ覚えがある人も、いらっしゃるのではないでしょうか?

 

ダンゴムシが多く発生する花壇やプランターの中の土に、空き缶などを埋めて数日経つと、ダンゴムシがたくさん入っています。

ダンゴムシがたくさん捕獲できたら、駆除するかそのまま遠くの林に帰してあげるかは、あなた次第ですよ(笑)

 

地道に取り除く

ダンゴムシに毒はありませんので、駆除方法としては「ただひたすら見つけて取り除く」という方法もあります。

特に小さな子供は、なぜかダンゴムシを見つける子が多く、私もその中の1人でした。

 

祖母のうちの畑に遊びにいった時は「ダンゴムシ見つけたらこの袋に入れてね」と言われていたのですが、子供に捕まえてもらうと、遊びながら駆除できますので、よい方法かもしれませんね(笑)

Sponsored Link

 

殺虫剤を使う

ダンゴムシの駆除方法として一般的なのは、殺虫剤です。

即効性もありますし、あまり手間をかけずにダンゴムシを駆除することができます。

殺虫剤の種類はたくさんありますので、おすすめのものをいくつかご紹介しますね。

 

デナポン5%ベイト

デナポン5%ベイト」は、ダンゴムシを引きつけ、食べさせて駆除する誘因殺虫剤です。

ダンゴムシは夜になると活動をはじめるので、撒いておくだけで翌朝には駆除効果が表れますよ。

 

ハイパーお庭の虫コロリ

ハイパーお庭の虫コロリ」は、デナポンと同じ、誘因殺虫剤です。

ボトルの中に粒状の薬が入っていますので、撒きやすく、広い範囲のダンゴムシを駆除できますよ。

 

シャットアウトSE

シャットアウトSE」は、殺虫成分「エトフェンプロックス」「カルバリル」が配合された、粉末タイプの殺虫剤です。

ダンゴムシの発生箇所にまくことて、粉がダンゴムシに付着し、体内に殺虫成分が入り込むことで駆除につながります。

 

殺虫剤を使う場合の注意点

殺虫剤は殺虫効果のある成分の入った薬ですので、小さなお子様や、ペットがいる庭などでの使用は気をつけてください

雨が降った場合は、薬剤の効果が弱まることがあります。

また、近くに池や川があり、魚がいる場合にも、薬剤が流れて入る可能性があるので注意が必要です。

 

まとめ

ダンゴムシは比較的害の少ない虫と思いきや、野菜への害や、新芽への害で悩む人も多いです。

殺虫剤が1番効果がある駆除方法ですが、薬剤を使うときは十分に注意をしてください。

 

それぞれの環境に合った駆除方法を見つけてくださいね。

また、ダンゴムシの天敵に関しては、下記の記事も参考にしてみてください。

→ ダンゴムシの天敵10選

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ