冬に花粉症なる原因と冬(12~2月)に飛ぶ花粉

冬の花粉症について解説!

花粉症というと、春にピークを迎えるイメージがありますよね。

しかし、実は冬にも花粉症で悩んでいる人は少なくありません。

そこで今回は、冬に花粉症なる原因と冬(12~2月)に飛ぶ花粉について解説していきます。

Sponsored Link

 

冬に花粉症になる原因

まず、冬に花粉症になる原因ですが、日本では1年中、何らかの花粉が飛んでいます

そのために、冬に花粉症になることもあるというわけです。

それでは次に冬、具体的には12月~2月に飛ぶ花粉について解説していきます。

 

冬に飛ぶ花粉

12月に飛ぶ花粉

12月に飛ぶ花粉は、まずスギが挙げられます。

スギは微量ながらも、北海道以外すべての地域で飛んでいます。

 

そしてスギ以外でも、

  • 関東と九州:イネ
  • 関東のみ:ブタクサ

これらの地域でこれらの花粉が飛んでいますので、注意してください。

 

1月に飛ぶ花粉

1月に飛ぶ花粉は、12月と同様にまずスギです。

さらに1月は、ハンノキの花粉が飛び始めます。

ちなみにスギは2月辺りから花粉がピークに入ってきますので、1月のうちから対策が必要になってくるでしょう。

 

2月に飛ぶ花粉

2月に飛ぶ花粉は、まずスギです。

全国的にピークになってきますので、対策は万全にしてください。

 

また、

  • ハンノキ
  • イネ

これらの花粉も飛びます。

そして、関東では2月上旬から、関西では2月中旬辺りから、ヒノキの花粉も飛び始めますので、注意してください。

Sponsored Link

 

冬の花粉症の症状

冬の花粉症の症状は

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目や喉かゆみ

など、春の花粉症の症状と同じです。

また一般的に、「花粉症は春先に出るもの」だというイメージが強いからか、冬に花粉症の症状が出た人は、風邪と勘違いしてしまうことも多いようです。

 

「花粉症と風邪のどちらなのか」を病院で診断してもらう

体に何かしらの症状が出ている場合、それが花粉症なのか風邪なのかは、自身で判断することが難しいです。

なので、できるだけ早く病院で診断をしてもらってください

 

寒い冬にはただでさえ風邪は引きやすいですし、風邪と花粉症を併発しているパターンもあります。

※「花粉症と風邪との違い」「花粉症と風邪を併発した場合」については、下記を参考にしてみてください。

→花粉症と風邪の症状の違い6つ

→花粉症と風邪を併発した場合の対処法

 

まとめ

以上、冬に花粉症なる原因と冬(12~2月)に飛ぶ花粉について解説しました。

冬の花粉症も、春の花粉症と同様に辛い症状をもたらします。

 

そして冬は風邪も引きやすいため、花粉症と風邪の併発を予防するためにも、花粉対策と同様、風邪予防にも意欲的に取り組んでくださいね。

「花粉症」「風邪」に関する情報は、下記にまとめています。

→「花粉症」に関する情報一覧

→「風邪」に関する情報一覧

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ