外耳炎で痛みがある場合の対処法6選

外耳炎で痛みがある場合の対処法6選

外耳炎とは、外耳道に傷がついた状態のことで、炎症により耳の中に痛みを感じます。

今回は、そんな外耳炎で痛みがある場合の対処法を6選について、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

外耳炎の痛みの原因とは?

耳の穴から鼓膜までの部分を外耳と言い、そこを耳かきや爪で傷を付けたことが原因で細菌が入り込み、外耳道に炎症が起こることで痛みを感じます

外耳道は傷がつきやすく、ついうっかり耳かきで強く引っ掻いてしまうこともあります。

 

耳に痛みを感じたら、まずは耳鼻科を受診してください

しかし受診した後も痛みを感じる場合や、すぐに耳鼻科へ行けない場合などは、次の対処をしてみてください。

 

外耳炎で痛みがある場合の対処法

耳かきはしない

外耳炎の原因で1番多いのは、耳かきをしすぎて外耳道に傷がつくことです。

外耳炎になった場合、自然治癒で治ることが多いのですが、痛みを少しでも感じている場合は、しばらく耳かきは休んでください

 

綿棒もNGです。

もちろん耳かき以外にも、指で耳をいじることも避けてくださいね。

 

痛み止めを使う

外耳炎は自然治癒することが多いですが、痛みがある場合、治るまで我慢していることは辛いですよね。

なので痛みが辛い時は、痛み止めを飲んで乗り切りましょう。

 

ロキソニンS」など市販の痛み止めで、外耳炎の痛みも軽減されますよ。

特に就寝前は、痛みのせいでよく眠れないこともありますので、無理せず痛み止めを使ってください。

耳鼻科で痛み止めを処方された場合は、処方された痛み止めを服用しましょう。

Sponsored Link

 

耳を冷やす

外耳炎で痛みのある方の耳を、「冷えピタ」や保冷剤で冷やすことも、対処法として有効です。

(横になることを考えると、冷えピタがおすすめです。)

 

外耳炎で炎症を起こしている部分は、熱を持っています。

熱を冷やすことで血管の拡張を防ぎ、結果的に痛みを軽減していくことができます。

 

安静にする

外耳炎の痛みがある場合、身体を激しく動かすことはなるべく避けた方がよいでしょう。

汗が原因で、炎症が悪化することが考えられますので。

外耳炎が悪化すると膿が溜まり、さらに痛みはひどくなってしまいますよ・・・。

 

お風呂では耳栓をする

外耳炎になってしまった場合、お風呂に入ってもよいか悩むところですよね。

耳の中に水が入ると、最近が増殖し、外耳炎の痛みが悪化する恐れがあります。

できれば耳栓などで塞ぐことが望ましいですが、耳栓がない場合はなるべく水が入らないよう、気をつけてお風呂に入ってください。

 

シャンプーの泡なども、耳の中に入らないように注意しましょう。

ちなみに病院で処置した当日は、お風呂を避けるように言われることが多いですよ。

 

アルコールを避ける

外耳炎で痛みがある場合は、アルコールは避けてください

アルコールにより、血管が拡張して痛みがひどくなる可能性があります。

また痛み止めを飲んでいる場合は、併用はいけませんので、痛みが引くまでは禁酒しましょう。

 

激痛を感じた場合、悪性外耳炎の危険がある

外耳炎を放置していたり、炎症が悪化してひどくなってしまうと、外耳だけでなく、内耳やその奥にまで広がる悪性外耳炎になる危険があります。

悪性外耳炎は、耳鳴りやめまいだけでなく、難聴や激痛が起こります。

我慢できないほどの痛みを感じた場合は、その可能性もありますので、早めに病院を受診してください。

 

まとめ

外耳炎で痛みがある場合、1番は耳鼻科で適切な処置を受けることですが、諸事情で難しい場合は、今回の対処法を実践してみてください。

通常外耳炎は2~3日で痛みが引くことが多いので、それまでは無理をせず過ごしてくださいね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ