ゲジゲジの対策6選

ゲジゲジの対策6選

屋内でふと、ゲジゲジを発見した際の気分の悪さは、何とも言いがたいものがありますね・・・。

このように精神的ダメージをもたらす虫は、「不快害虫」という名称で呼ばれますが、ゲジゲジは、見た目の気持ち悪さから嫌がられる虫で、不快害虫の代表格ともいえる存在です。

病原菌を運んでくることはない害虫ですが、それでも気分の良いものではありませんよね・・・。

そこで今回は、ゲジゲジ対策6選をご紹介します。

Sponsored Link

 

ゲジゲシの対策

環境改善

ゲジゲジは肉食なので、蚊、ハエ、ゴキブリなど虫が多く集まるところに生息しています。

具体的には、落ち葉や雑草、石の下や草むら、水辺の暗がりなどです。

つまり、虫が集まるところには、ゲジゲジも餌を求めて集まるということですね。

 

なのでまずは、それらの環境をなくすことから始めましょう。

家の庭や家屋の近くにある雑草や落ち葉は、きれいに取り除きます。

 

また、使わずに放置しているような廃材、朽ち木などがあれば処分しましょう。

餌となる他の虫を家から遠ざけることで、ゲジゲジも遠ざけることに繋がります。

 

侵入経路をなくす

ゲジゲジの侵入経路は、大きく4つあります。

 

ドアや窓

ドアや窓は開けっぱなしにせず、こまめに開け閉めするようにしましょう。

 

水回りの排水口

ゲジゲジは高温多湿を好むので、特に水回りは気を付ける必要があります。

使用していないときには、栓をするようにしましょう。

虫対策用のカバーも有効ですよ。

 

大切なのは、隙間のないぴったりとした栓やカバーを使用することです。

これらに隙間があると、意味をなさなくなりますので・・・。

 

換気口

ゲジゲジは壁を上ることも可能ですので、地面に接していないからといって安心は出来ません。

なので上部の換気口には、ネットを取り付けると良いでしょう。

なるべく目の細かいものがおすすめです。

 

床下の隙間

ゲジゲジは、高温多湿になりやすい床下にも多く潜んでいる可能性がありますので、隙間テープや粘土で埋めてしまいましょう。

 

このようにあらかじめ侵入経路に対策を施し、ゲジゲジやその他の虫も侵入させないようにしましょうね。

 

侵入経路に殺虫剤を散布する

考えられる侵入経路に殺虫剤を散布し、侵入を防ぎましょう。

侵入経路としてあげられるのは、家屋の周りやガーデニングの柵、植え木鉢など置いている周辺などの庭の隅です。

 

また、ゲジゲジは垂直の壁をよじ登ることが出来ますので、窓や玄関ドアの側面にも忘れずにスプレーをしておきましょう。

Sponsored Link

それでは、次におすすめの殺虫剤を挙げていきますね。

 

ムカデキンチョール

ムカデキンチョールは、ゲジゲジやムカデに特化したスプレータイプのキンチョールです。

待ち伏せ効果は1ヶ月で、ゲジゲジに直接噴射すれば速攻駆除が可能です。

 

ムカデ・アリコナーズパウダー

ムカデ・アリコナーズパウダーは、顆粒タイプで雨でも流れにくい上、嫌な臭いが少ないのが特徴です。

ゲジゲジやムカデをはじめ、アリやクモなど17種類の害虫に効き目がありますので、ゲジゲジの餌となる小さな虫も駆除することが出来ます。

 

侵入経路にアロマオイルを散布する

また殺虫剤以外にも、ゲジゲジの嫌がる匂いのアロマオイルを散布することで、侵入予防が出来ますよ。

アロマオイルは、殺虫剤のような薬剤とは違い天然素材ですので、小さなお子さまやペットがいるご家庭にはとても安心ですね。

 

  • ヒノキ
  • スペアミント
  • シナモン
  • レモングラス

これらはゲジゲジが嫌がる匂いです。

 

これらを水で薄め、侵入経路にスプレーしていきましょう。

また、風や雨によって徐々に効果が薄れてきますので、定期的な散布をおすすめします。

 

こまめに掃除をする

長期間掃除をしていない場所には湿気や埃が溜まり、虫が住み着くようになります。

そうならないよう、日頃から隙間を掃除したり、家具や物を動かすよう心がけましょう。

毎日やる必要はありませんが、こまめに行うことで、虫が住み着く環境をなくすことにつながります。

 

日当たりや風通りを意識する

ゲジゲジは高温多湿を好むので、日当たりや風通りを良くするようにしましょう。

特に換気は大切です。

日頃から空気の入れ換えを意識すると良いですね。

 

まとめ

以上、ゲジゲジの対策6選を紹介しました。

ゲジゲジの対策にかかわらず、掃除などは日頃の習慣にすると、衛生的で健康にも良いですよね。

 

ゲジゲジは、暑くなると特に発生しやすくなりますので、涼しい気候のうちから早めの対策を心がけましょう。

また万が一、ゲジゲジが発生してしまった場合には、下記の記事を参考にしてみてください。

→ゲジゲジの駆除方法3選

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ