ゴキブリの殺し方7選

ゴキブリの殺し方7選

ゴキブリを見つけた時、あなたならどうしますか?

今回は、いやなゴキブリを退治するために、ゴキブリの殺し方7選をご紹介します。

Sponsored Link

 

ゴキブリの殺し方

ゴキブリ用殺虫剤

ゴキブリを見つけた時、多くの人が1番最初に思いつくのが、市販の殺虫剤なのではないでしょうか。

中でも、アース製薬の「ゴキジェットプロ」は、ゴキブリの動きをすぐに止める威力があるスプレーで、一家に一個あるといざという時に大変便利です。

私も使用したことがありますが、遠くからでもゴキブリに命中しやすいので、パニックになりつつも(笑)、シュッとかけて殺すことができますよ。

 

凍らせる

ゴキブリ用殺虫剤と同じくらい有名なのが、「ゴキブリ超凍止ジェット」のような、凍らせて殺すタイプのスプレーです。

殺虫成分は入っていないので、殺虫スプレーに比べると、家の中で使いやすいです。

 

「凍らせているだけなら、解けた時にまた動き出すの?」なんて不安もあるかもしれませんが、しっかり凍らせれば、ほとんどのゴキブリは死んでしまいます。

私の実家ではこのタイプのスプレーを使っていますが、ゴキブリ駆除係の父からすると、殺虫スプレーよりも気軽に使いやすく、重宝しているようです(笑)

 

熱湯をかける

ゴキブリは体温を調整できず、熱湯に弱い生き物なので、熱湯をゴキブリに直撃させればすぐに死にます。

お湯でしたら、どのご家庭にもありますよね。

Sponsored Link

 

湧かす手間はありますが、真上からかけられればほぼ即死、即効性は間違いなしです。

しかし、殺すには大量の熱湯が必要なことと、ゴキブリにお湯を直撃させなくてはいけないので、テクニックが必要かもしれません。

 

食器用洗剤

どこの家にもある食器用洗剤

洗剤に殺虫成分は含まれていないのですが、液体のままゴキブリにかけてしまえば、ヌルヌルがゴキブリの体を覆います。

そして、ゴキブリのお腹には呼吸をする気門という部分があり、そこも洗剤で塞がれるため、呼吸ができずに窒息しするのです。

 

洗剤で足が滑り、素早く動くこともできないので、ゴキブリを殺す方法として使えます。

ただし、洗剤を家中に撒いてしまうと、後始末が大変かもしれませんね・・・。

 

アルコール

アルコールは、呼吸器の麻痺だけでなく、強い気化熱で冷却する効果もあるため、ゴキブリにかければすぐに死んでしまいます。

アルコール濃度が高いほど効果は高く、スプレー容器に入れて、シュッと吹きかけましょう。

アルコールはすぐに蒸発してしまいますし、殺菌効果もありますので、一石二鳥と考えてかけ続ければ、確実にゴキブリは死にます。

 

バルサン

部屋のどこにゴキブリがいるのか分からない場合は、バルサンをたく人も多いでしょう。

バルサンは使用手順を守れば安全ですし、部屋の中にいるゴキブリ全体に効果を発揮するので、大量発生した際にはとても便利です。

 

ただ、実際にゴキブリがどこで死んでいるのか分からない不安はあります(笑)

また、赤ちゃんなどがいるご家庭では、使用は避けた方がよいかもしれません。

 

叩く

シンプルですが、勇気のいる方法です。

新聞紙やハエたたき、本や雑誌など、身の回りでゴキブリを叩けそうなものを見つけ、瞬時に出て来たゴキブリを叩いて殺します

 

私には真似できませんが、私の夫はこの方法でよくゴキブリを退治してくれています。

勇気ある人は、実践してみてくださいね!

 

まとめ

ゴキブリの殺し方7選をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

なるべく見たくないゴキブリですが、運悪く遭遇してしまった場合は、ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ