ゴミムシの駆除方法4選

ゴミムシの駆除方法

ゴミムシは見た目や臭い液を出すことで、かなり嫌われている害虫です。

できるなら目にしたくないものですよね。

そこで今回は、ゴミムシの駆除方法4選について解説していきます。

Sponsored Link

 

ゴミムシとは?

ゴミムシとは、オサムシ科の肉食性昆虫です。

4~11月ごろに発生することが多く、虫やカタツムリ、また動物の死骸などをエサとしています。

「ゴミムシ」という名前の通り、ゴミが多いところに現れることが多く、下記のような種類があります。

 

ゴモクムシ類

ゴモクムシ類は、夜間に活動します。

灯りに集まる習性がありますので、家の明かりに誘われて、家に入り込んでしまうことがあるのです。

 

ホソクビゴミムシ類

ホソクビゴミムシ類は、攻撃されると臭い霧状の液を出すという特性があります。

お尻から出すその液の温度は100℃に達し、カエルなどの天敵がやけどするくらいなのです。

もちろん、人間の顔や目にかかると危険なので注意してください。

 

オサムシ類

オサムシ類は、攻撃されるとお腹から液を出します。

その液が人間の皮膚につくと、痛みが出ますので要注意です。

Sponsored Link

ちなみに有名なマイマイカブリは、このオサムシ類です。

 

ゴミムシの駆除方法

雑草や落ち葉を取り除く

雑草や落ち葉があるような場所に、ゴミムシがいることは多いです。

なので、雑草や落ち葉は定期的に取り除くようにしましょう。

 

湿気の多い環境を作らない

また、ゴミムシは湿気の多い環境を好みます。

なので家の中は風通しをよくしたり、除湿器などを使って、湿気対策を行いましょう。

 

殺虫剤を使う

ゴミムシを駆除するには、殺虫剤を使うことが有効です。

ゴミムシを見つけた時に殺虫スプレーを噴射すれば、すぐに死んでしまいます。

また、ゴミムシの侵入経路が分かっていれば、あらかじめ粉末の殺虫剤をまいておくことで対策できますよ。

 

ゴキブリホイホイを使う

また、ゴミムシを駆除するためにゴキブリホイホイは使えます。

ゴミムシがよく発生するところに置いておくようにしてください。

 

ゴミムシに素手には触らないようにする

ゴミムシに素手で触ってしまうと、ゴミムシが出す液によって臭い匂いがついたり、皮膚が変色してしまうことがあります

なので、ゴミムシを駆除する際は、必ずゴム手袋などをして、直接は触らないようにしてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事を参考に、あなたに合った方法でゴミムシの駆除を行ってみてください。

以上、ゴミムシの駆除方法4選でした。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ