ゴーヤの栄養と効能7つ

ゴーヤの栄養と効能7つ

ゴーヤといえば南国沖縄では代表的な食べ物として有名ですよね。

今では暑い季節のスタミナ源として知られ、全国の学校の給食でも出されるくらい、子供から大人まで広く親しまれるようになりました。

今回は、そんなゴーヤの栄養と効能7つについて、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

ゴーヤの栄養

ビタミン

普通、ビタミンCは加熱に弱いものですが、野菜の中で唯一ゴーヤの場合は、加熱調理しても失われにくい食材なので、効率的にビタミンを摂取できます

ビタミンCはトマトの5倍も入っているんですよ。

 

ちなみにビタミンCにはメラニンやシミを防いだり、コラーゲンの生成を助ける役割もあるので、美肌効果もあります。

他にも、糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1、脂質をエネルギーに変えてくれるビタミンB2も豊富に含まれています。

 

カルシウム

ゴーヤに含まれているカルシウムの量は、牛乳の14倍とも言われています。

カルシウムは骨を丈夫にしてくれるだけではなく、老化防止や免疫力の向上にも効果がありますよ。

沖縄で伝統的に食されてきたゴーヤが、健康と長寿を支えてきたのがよくわかりますね。

 

カリウム

ゴーヤには、カリウムも豊富に含まれております。

カリウムは、利尿効果を促進します。

 

そして体内の塩分排泄を増やしてくれますので、塩分過多によるむくみの解消や、高血圧予防にも役立ってくれますよ。

そしてカリウムを効率的に摂る方法としては、ゴーヤ茶もおすすめです。

 

紅茶や緑茶にもカリウムが含まれていますが、中でもゴーヤ茶は緑茶の100倍近くのカリウムを含んでいます

飲み過ぎると下痢や腹痛の原因になりますが、適度に摂取することで高い効果が望めますよ。

 

鉄分

ゴーヤの鉄分はほうれん草の3倍といわれています。

鉄分は貧血予防に効果があります。

Sponsored Link

 

また、妊娠中にゴーヤを食べると流産するという噂もありますが、実際には根拠がない話しですね。

食べ過ぎると下痢を引き起こしたり、体を冷やす効果のあるゴーヤなので、そこから流産しやすいという噂になったのかもしれません。

実際には産婦人科の入院食でも出される食材ですし、常識の範囲内であれば妊婦さんの摂取は問題ありませんよ。

 

それでは次に、「健康野菜」と言われるゴーヤの効能についてご説明していきましょう。

 

ゴーヤの効能

胃腸を整える

ゴーヤに含まれる「モモルデシン」には胃腸の粘膜を保護したり、食欲を増進させる効果があります。

しかし、胃酸を多く出す促進作用があるため、胃酸過多で自らの胃を攻撃することもあります。

なので食べる時には、いきなりゴーヤから食べるのではなく、豆腐や卵など口に入れてから食べるようにするとよいですね。

 

血糖値・コレステロールを下げる

ゴーヤには、もう1つのすごい成分「チャランチン」が含まれています。

チャランチンには、植物インスリンが豊富に含まれています。

 

植物インスリンは、薬品のインスリンと同じように、血糖値とコレステロールを下げて安定させる効果があります。

この効能により肥満防止の効果もあるので、脂っこい食べ物が好きな方や、ダイエットをしたい人にはぜひおすすめですね。

 

夏バテ防止

ゴーヤは水分がとても含まれているので、身体を冷やしてくれる効果もあります。

また、先ほどお話ししました「モモルデシン」には、夏バテで落ちた食欲を増進させる働きもあります。

 

まとめ

ゴーヤにはたくさんの栄養、効能があることが分かりましたね。

ちなみゴーヤは、生で食べるより乾燥させて食べた方が、カルシウムは15倍、ビタミンは10倍、鉄分は30倍と高まるそうです。

 

市販されているものもありますが、簡単にご自身で作ることもできるんですよ。

具体的には、ゴーヤを1ミリくらいの薄切りにして、大きめの皿にクッキングペーパーを敷き、その上に重ならないように並べて、1、2日ほど日当たりの良く、風通しの良い場所に置き、天日干しにするだけです。

 

ぜひ健康のためにも、試してみてくださいね。

また、ゴーヤの苦味を取る方法については、下記記事を参考にしてみてください。

→ゴーヤの苦味を取る方法8選

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ