グリンピースの栄養と効能7つ

お弁当の添え物などでも大活躍のグリンピース。

好き嫌いは分かれますが、実は、とても栄養価が高いんです。

そこで今回は、グリンピースの栄養と効能7つについて、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

グリンピースの基本情報

グリンピースとは、マメ科の野菜であるえんどうの、未熟な種子を食用としたものです。

つまり、えんどう豆になる前の豆がグリンピースなのです。

 

グリンピースという植物があるわけではないんですね。

ちなみに4月~6月が旬となります。

 

それでは次に、グリンピースの栄養・効能について挙げていきますね。

 

グリンピースの栄養・効能

食物繊維

まず、グリンピースには食物繊維がたっぷり含まれています。

その含有量は野菜の中でもトップクラス。

ほんの一握り食べただけで、なんとサラダ大盛り1杯と同等の食物繊維が摂れます。

 

食物繊維の効果としては、「便秘の解消」が有名ですよね。

腸内の水分を吸収して膨らむことで、腸壁を刺激し、便の排泄を促してくれます。

またグリンピースには、発がん性物質も排出する作用があるので、がん抑制効果も期待できますよ。

 

ビタミンB1

食物繊維に続き、ビタミンB1の含有量も、野菜の中ではトップクラスです。

ビタミンB1は、糖類をエネルギーに変える働きがあります。

 

白米を主食としている日本人にとって、この働きは重要です。

糖質を分解できないと、乳酸などの疲労物質が溜まってしまいますので。

 

ちなみに糖質は、脳や神経の大事なエネルギー源です。

ビタミンB1が不足すると、これらを上手く分解できず、食欲不振・肩こり・めまい・イライラを引き起こしてしまいます。

 

ビタミンC

グリンピースに含まれているビタミンCには、ウイルスと戦う白血球を強化する役割があります。

したがって、免疫力の向上につながります。

 

また、コラーゲンの生成にも必要な成分ですので、美肌・美白効果が期待できます。

Sponsored Link

逆にビタミンCが不足すると、コラーゲンの組織が弱くなり、貧血や倦怠感、脱力、食欲不振を引き起こしてしまいますので、注意してくださいね。

 

カロテン

グリンピースにはカロテンも含まれています。

カロテンには老化防止や、肌・髪の毛・爪を健康に保つ効果があります。

そしてこのカロテンは、ビタミンAが不足した時に、必要な分だけビタミンA変換されるそうです。

 

ビタミンAの効能としては、肌の角質化の予防です。

肌荒れ、乾燥肌を防止して、キメ細かいお肌にしてくれます。

そして残ったカロテンは、皮膚や内臓の膜組織の健康維持に利用されます。

 

カリウム

グリンピースの栄養素にはミネラル類もあり、その代表がカリウムです。

カリウムには、体内の余分なナトリウムを排泄する作用があるので、高血圧の予防になります。

 

ちなみにナトリウムは、水分量や血圧を調整するのに必要な物質ですが、多すぎてもダメなのです。

それを抑制するためのカリウムの働きは重要なんですね。

 

ちなみに、グリンピースのカリウムは茹でても減りませんので、安心して調理してくださいね。

 

カルシウム

もう一つ、忘れてはならないミネラル成分がカルシウムです。

人体の中で最も多いミネラルで、皆さんご存知の通り、骨や歯の構成要素であり、またイライラを鎮める作用があります。

動脈硬化や高血圧の予防にもなります。

 

レシチン

レシチンというのはあまり聞いたことないですよね。

グリンピースのほかに、卵黄や大豆、穀類、ごま油、小魚にも含まれている成分です。

 

血中コレステロールを下げる働きがあり、高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。

また脳の健康維持をサポートして、集中力を高める効果もありますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

彩りやトッピングなど、飾りのイメージが強いグリンピースですが、こんなにも栄養が含まれているのです。

冷凍食品として一年中出回っていますが、栄養価のことを考えると旬の時期に食べる方が、期待できる効果も大きいですよ。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ