鼻血と貧血の関連性と対処法6選

鼻血と貧血の関連性と対処法6選

「鼻血が出るから貧血になるの?貧血だから鼻血が出るの?」

実は両方正解で、鼻血と貧血というのは、深く関係しています。

そこで今回は、鼻血と貧血の関連性と対処法6選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

鼻血が出ると貧血になる?

鼻血とは、鼻から出血することを言います。

直接鼻に傷がついて出血した場合、血液の量も少なく、すぐ止まることが多いですが、その他の理由で大量に鼻血が出てしまった場合、貧血状態になる人もいるでしょう。

鼻血は、ひどいと口から溢れるくらいの血液が出る場合がありますので、辛い貧血にならないためにも、そんな時はすぐに病院へ行きましょう。

 

貧血だと鼻血が出やすい?

ストレスや睡眠不足から、身体に負担がかかると、貧血になります。

貧血になると、血液が少なくなり、血管の再生機能も低下します。

 

鼻の中には毛細血管が多く、弱い血管が多いため、貧血の影響を大変受けやすい場所ですので、貧血が原因で鼻血が出やすくなるのは事実です。

貧血なのにもかかわらず、さらに鼻血が出てしまったら、悪循環ですよね。

 

貧血からくる鼻血の対処法

貧血が原因で鼻血が出る場合、何か対策はないのでしょうか?

それでは次に、貧血からくる鼻血の対処法をご紹介していきますね。

 

貧血を治す

鼻血の原因が貧血なのであれば、貧血を改善することを考えてみましょう。

貧血対策には欠かせない「鉄分」を摂取することが大切です。

 

鉄分は牛肉やレバー、シジミやあさりなどの貝類、大豆やひじきにも多く含まれていますので、積極的に摂るようにしてください。

女性は特に、鉄分不足から貧血になりやいと言われています。

鉄分はなかなか吸収されにくい栄養素ですが、ビタミンCと一緒に摂ると吸収しやすいとされています。

 

ストレスを少なくする

貧血の原因に、ストレスが関係していることは多いです。

特に仕事の人間関係のストレスで体調を崩し、貧血を起こしてしまうという人は多く、突然鼻血が出るなどの症状も表れます。

Sponsored Link

なるべくストレスを減らし、リラックスする時間を持つことが大切です。

 

睡眠時間を確保する

鉄分は、睡眠中に吸収されるため、睡眠時間が短いと鉄分の吸収が十分にできず、赤血球の生産が上手くいきません。

そのため、寝不足が続いた場合、貧血になりやすい状態に陥ります。

 

睡眠は、貧血以外にも、身体にとって非常に大事です。

忙しい時でもなるべく最低4時間は睡眠時間を確保できるよう、調整してくださいね。

 

無理をしない

貧血の人は、体調を崩しやすく、疲れやすい状態です。

なるべく身体に負担をかけず、無理をしないことが大切です。

とにかく貧血の鼻血防止のためには、生活習慣を整えることが大事なのです。

 

鼻をいじらない

鼻の中には細かい毛細血管が集まり、とてもデリケートな部分です。

貧血の人はただでさえ鼻血が出やすい状態ですので、余計な刺激を与えないよう、鼻をむやみにいじらないようにしてください。

 

特に1度鼻血が出た後って、鼻の中が血生くさかったり、異物感があり気になりますよね。

私も1度鼻血が出ると、どうしても気になっていじってしまい、案の定また鼻血が・・・なんてこと、よくありました。

なるべく我慢してくださいね。

 

鼻を保湿する

鼻の乾燥により、粘膜が弱まり、鼻血が出やすくなります。

なのでマスクなどで保湿をし、空気の乾燥にも気をつけてください。

 

マスクをすることで、鼻だけでなく喉も潤い、乾燥を防げます。

また「ハッピーノーズ 鼻下クリーム」ような、鼻専用の保湿クリームも市販されていますよ。

 

まとめ

鼻血と貧血との関連性と対処法をまとめてみました。

女性は特に、貧血に悩んでいる人も多いでしょう。

 

貧血は、鼻血だけでなく、めまいや頭痛なども起こりやすい病気です。

生活習慣と食べ物で貧血知らずな身体作りをし、結果的に鼻血も出にくい身体作りを目指しましょう。

 

また、その他鼻血・貧血での様々な症状と対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→鼻血での様々な症状と対処法まとめ

→貧血に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ