鼻づまりで味覚がなくなる場合の対処法7選

鼻づまりで味覚がなくなる場合の対処法7選

鼻づまりがひどいと、味覚がなくなるってありませんか?

美味しいものを食べても、味が分からないって辛いですよね。

そこで今回は、鼻づまりで味覚がなくなる場合の対処法7選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

鼻づまりで味覚がなくなる場合の対処法

呼吸を止めて頭を上下に動かす

鼻づまりで味覚がなくなってしまった場合、鼻づまりを解消すれば味覚も戻ります。

そこで、深呼吸して息を全て吐き終えた後、そのまま鼻をつまんで頭を上下に動かしてください。

 

そして限界まで動かしてやめると、鼻づまりが解消できますので、味覚も感じることができますね。

ただし、無理をしすぎると目が回ってしまうので、自分の限界を見極めてくださいね。

 

氷を舐める

鼻づまり解消のためにとても簡単な方法ですが、氷や冷水など、冷たいものを口に入れることにより、鼻腔の炎症を軽減することができます

鼻づまりの原因が鼻の中の炎症の場合、氷を舐めることは効果的な方法です。

 

アロマオイルを使う

本格的にアロマをたいたことのない人も、アロマオイルさえあればアロマ効果で鼻づまりを解消できます。

カップにお湯を入れ、そこにアロマオイルを垂らしてその蒸気を鼻で吸い込むだけで効果的に鼻づまり解消ができますので、味覚も戻ります。

 

また、そのカップを近くに置くだけでも、効果がありますので、好きな香りでリラックスしながら鼻づまり解消して味覚を取り戻しましょう。

ちなみにアロマに関しては、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症対策に効果のあるアロマ6選

 

逆立ちをする

数秒逆立ちするだけで、不思議なほどに鼻が通ります。

美味しいものを食べる前に数秒逆立ちをして、鼻づまりを解消しておくのも1つの手ですね。

逆立ちができない人は、真っ直ぐに立って両腕を前に伸ばし、そのまま足のつま先に触れるように前屈すると同様の効果がありますよ。

 

味が濃いものを食べる

鼻づまりで味覚がなくなった場合、治るまでは味覚が感じにくく、食べるものは美味しく感じませんよね。

Sponsored Link

味覚が感じにくくても、濃い味のものでしたら感じやすいのは当然のことなので、ラーメン、焼き鳥、居酒屋メニューなど、濃い味のものであれば、多少味は感じやすくなるでしょう。

これは応急処理なので(というよりも、味の濃いものを食べてばかりでは身体に悪いです)、「どうしても味覚を感じたい!」時だけにしてくださいね。

 

鼻づまりに効くお茶を飲む

辛い鼻づまりに効くお茶もあります。

鼻づまりに効くお茶として有名なのが「えぞ式すーすー茶」という、クマザサを原料としたお茶がインターネットでも話題になっています。

 

カフェインゼロ、飲みやすい味ということもあり、毎日続けて飲んでも飽きず、何より鼻づまりが治った、という人が多いです。

鼻づまりに効くお茶として、なたまめ茶、甜茶などもありますので、好みのお茶を探してみてもよいでしょう。

 

※ちなみにお茶に関しては、下記の記事で詳しくご説明していますので、チェックしてみてください。

→花粉症対策に効果のあるお茶8選

 

病院へ行く

鼻づまりが原因で味覚がなくなる症状は、鼻づまりが治らないと改善する見込みはありません。

1番手っ取り早いのは、耳鼻科に行って鼻づまりの症状を治してもらうことです。

ただし病院は、時間を取られるし行くのが面倒なので、なかなか鼻づまりくらいでは行かない人も多いですが、味覚のない辛さを治したいのであれば、耳鼻科を受診しましょう。

 

食べるのが大好きな私なら、鼻づまりで味覚がなくなった場合、1番に病院に行きますね(笑)

また、薬でなんとかしたいという場合には、下記記事を参考にしてみてください。

→鼻づまりの薬おすすめランキング

 

まとめ

鼻づまりで味覚がなくなった場合は、鼻づまりを解消するしか味覚を戻す方法はありません。

早く治したいなら病院に行くのが1番ですので、早急に鼻づまりを解消し、美味しいものを美味しく味わって食べられるようになるとよいですね。

また、その他鼻づまりでの様々な症状と対処法については、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→鼻づまりでの様々な症状と対処法

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ