ヒトメタニューモウイルスの症状 重症化や二次感染を防ぐ方法

ヒトメタニューモウイルスの症状について解説!

ヒトメタニューモウイルスは、子供がいない人によっては、あまり聞きなれない病気かもしれません。

しかしヒトメタニューモウイルスは、小さな子供が感染することでは有名です。

そこで今回は、ヒトメタニューモウイルスの症状、また重症化や二次感染を防ぐ方法などについて解説していきます。

Sponsored Link

 

ヒトメタニューモウイルスとは?

ヒトメタニューモウイルスはウイルスの一種で、1~3歳の子供が感染することが多いです。

ただし、大人も感染することがあります

関連記事:ヒトメタニューモウイルスの大人の症状

そして、赤ちゃんや高齢者は重症になることもありますので、注意してください。

 

ヒトメタニューモウイルスの症状

ヒトメタニューモウイルスは、

  • 発熱
  • 鼻水
  • 喘息のようなヒューヒューする呼吸

このような症状があり、風邪の症状とよく似ているため間違われることも多いです。

関連記事:風邪に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

 

ヒトメタニューモウイルスに感染したらどうなる?

ヒトメタニューモウイルス感染すると、上記のような症状が出ますが、1週間ほどで症状は治まります

しかし、子供はすぐに免疫がつきませんので、何度か繰り返して感染することがあります。

 

ヒトメタニューモウイルスの重症化に要注意

ヒトメタニューモウイルスは、症状が風邪と似ているため、たいしたことはないと思われがちです。

しかし免疫力が低い赤ちゃんや高齢者は、肺炎や呼吸困難などの重症になることがあります。

Sponsored Link

 

ヒトメタニューモウイルスに感染し、

  • 呼吸がうまくできない
  • 脱水症状がある

このような場合は、入院しなければならないこともありますので、気になったらすぐに病院で看てもらうようにしてください。

 

ヒトメタニューモウイルスの治療法

ヒトメタニューモウイルスに感染した場合は、「対症療法」といって症状をラクにするための治療法を行っていきます。

具体的には、温かくして、水分補給を忘れずに、ゆっくりと休むようにしてください。

また病院でもらった薬は、しっかり飲み切るようにしましょう。

 

ヒトメタニューモウイルスへの二次感染を防ぐ

ヒトメタニューモウイルスは、

  • 咳やくしゃみでの感染(飛沫感染)
  • ドアノブなどについたウイルスに触れてしまい感染(接触感染)

このような感染経路があります。

そのため、保育園・幼稚園や小学校、また家族の中に感染者がいると、二次感染の恐れが出てきます。

 

なので、

  • マスクをする
  • 手洗いやうがいを徹底する
  • 感染者と同じタオルや食器などは使わない
  • ドアノブなどは、こまめに消毒用アルコールで除菌

これらの対策を行うようにしてください。

 

ヒトメタニューモウイルスはRSウイルスに似ている

ヒトメタニューモウイルスは、症状などがRSウイルスにも似ていて、見ただけではどちらの病気なのか判断ができません

そこで病院では、判別のための検査をすることがありますが、綿棒を鼻に入れるだけの10~15分程度で終わる簡単なものです。

なので症状が出てきたら、病院で診察と検査をしてもらい、適切な処置をしていきたいですね。

関連記事:RSウイルスから中耳炎になることはあるの?

 

以上、ヒトメタニューモウイルスの症状 重症化や二次感染を防ぐ方法でした。

また、その他ヒトメタニューモウイルスの様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→ヒトメタニューモウイルスの様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ