胃腸風邪で熱が出た場合の対処法7選

胃腸風邪で熱が出た場合の対処法7選

胃腸風邪にかかると、嘔吐や下痢だけでなく、熱が出ることもあります。

ただでさえ、嘔吐や下痢で苦しいのに、そのうえ熱が出ると、体力が低下してしまい辛いですよね・・・。

そこで今回は、胃腸風邪で熱が出た場合の対処法7選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

胃腸風邪で熱が出た場合の対処法

水分補給をする

熱が出ると、汗をかき、体の水分が外へ排出されます。

特に胃腸風邪の場合は、嘔吐や下痢でも水分が体の外に排出されているので、脱水症状を起こす可能性があります。

 

なので、水分補給はとても大切な対処になります。

熱による汗で、体の成分も一緒に排出されているので、経口補水液やスポーツドリンクを飲むのがおすすめです。

 

また下痢症状がある時は、冷たい飲み物を飲むと症状を悪化させてしまうので、常温の飲み物を飲むようにしましょう。

 

体を温める

熱が上がる時に、寒気を感じる方は多いと思います。

そんな寒気を感じた場合は、体を温めてください

 

具体的には、

  • 靴下を履く
  • 服を着こむ
  • 布団にしっかり入る

など、簡単な方法で体は温まります。

 

また、温かい飲み物を飲むのも効果的です。

ただし胃腸風邪の時は、胃腸が弱っているので、カフェインなどの刺激物は避けてくださいね。

 

こまめに着替える

熱が出ると、汗をたくさんかきます。

汗をたくさんかいた状態でそのまま過ごしてしますと、体が冷えて、風邪を引く原因となってしまいます。

 

また胃腸風邪の時は、下痢症状も伴うことが多いので体を冷やすと、その下痢症状がさらにひどくなってしまいます。

なので、こまめに服を着替えるようにしましょう。

 

特にお子さんの場合は、普段から汗をかきやすく、熱が出ると余計に汗が出るので、注意が必要ですよ。

 

安静にする

胃腸風邪にかかった時は、必ず安静にして、ゆっくり休んでください

しっかり休むことが、回復への近道です。

Sponsored Link

 

体が弱っているため、一度熱が下がったからと言って動き回っては、また熱が出てしまい、なかなか良くなりません。

また胃腸風邪の時は、胃腸の働きが敏感になっているので、安静にすることで胃腸の働きも抑えることができます。

 

「食事やお風呂以外は、寝て過ごす!」

早めに治したいなら、これぐらいの気持ちで過ごしてくださいね。

 

解熱薬はすぐに飲まない

胃腸風邪に限らず、熱が出ている時は、体が菌やウイルスと戦っている状態です。

そこで、解熱薬を飲んで熱を下げてしまったら、菌やウイルスが体の中に居続けてしまい、症状が良くなりません。

 

なので、熱が出たからと言って、すぐに解熱薬を飲まずに様子を見ましょう

ただし、高熱が何日も続く場合や、お年寄りや赤ちゃんなど抵抗力があまりない人は、薬を飲んだ方が良い場合もあるので、気になる場合は病院を受診してくださいね。

 

食事で栄養をつける

嘔吐が収まったら、食事を摂るようにしてください。

熱で体力が低下してしまっている体を元気にするには、やはり食べることが1番です。

 

胃腸風邪の時は、胃腸も弱っているので、食事は消化のよいものを選んで食べるようにしてください。

おかゆやうどんは、消化のよい食べもので有名ですね。

 

そしておかゆやうどんに、タンパク質である卵や、ビタミン豊富な野菜などを加えて食べると、体の回復にさらに効果的ですので、積極的に食べてください。

参考記事:胃腸風邪の際にオススメの食事5選

 

栄養剤を飲む

嘔吐や下痢も収まり、少し熱が残っていてしんどい時などは、栄養ドリンクを飲むことも効果的です。

栄養ドリンクには、疲労回復に効果のある成分がたくさん含まれています。

 

ただし、カフェインが入っている商品もありますので、できればノンカフェインの商品を選ぶとよいでしょう。

ノンカフェインの栄養ドリンクについては、下記の記事も参考にしてみてください。

→風邪に効く栄養ドリンクおすすめ5選

 

まとめ

胃腸風邪で熱が出た場合の対処法7選についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

どれかではなく、すべての対処法を実践することが、回復への近道になりますよ。

 

胃腸風邪は、本当にしんどい病気です。

だからこそ、早めの対処を心掛けてくださいね。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ