じゃがいもが緑になる原因と対処法

じゃがいもが緑になる原因と対処法!

表面が緑色のじゃがいも、見たことがありませんか?

食べると身体に影響はあるのか、不安になりますよね。

そこで今回は、じゃがいもが緑になる原因と対処法について、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

緑色のじゃがいもには、毒がある!

「じゃがいもの芽は毒だよ」と、小さい頃から聞かされていた人は多いのではないでしょうか。

全くその通りで、じゃがいもの芽にはソラニン、チャコニンと呼ばれる毒が含まれています。

※じゃがいもの芽に関しては、下記の記事も参考にしてみてください。

→じゃがいもの芽は食べられる?毒はある?

 

そのソラニンは、緑色のじゃがいもには、普通のじゃがいもの10倍以上多く含まれており、注意して食べないと身体が毒の影響を受けてしまいます。

芽だけでなく、緑になったじゃがいも自体にも毒は含まれていることを、覚えておいてくださいね。

 

じゃがいもの毒には、身体にどんな悪影響があるの?

緑になったじゃがいもの毒は、ソラニンとチャコニンと呼ばれるもので、それらを多く摂りすぎると

  • 吐き気
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 頭痛
  • めまい

など、様々な症状をもたらすことがあります。

じゃがいもを食べた後に上記のような症状が出た場合、早急に病院で看てもらってください。

 

そもそも、じゃがいもが緑色になる原因は?

じゃがいもが緑になる原因は、「日光に当たること」です。

日光に当たるとじゃがいもに葉緑体ができ、光合成を始めることから、緑になります。

緑色になったからと言って食べられないわけではありませんが、毒が増えるため、必ず皮をしっかり剥いて食べる必要があります。

 

じゃがいもが緑になるのを防ぐ保存方法

じゃがいもが緑になることを防ぐには、保存場所に日が当たらない場所を選ぶことです。

少量であれば、冷蔵庫に保存している人が多いでしょう。

 

段ボール箱に入れて蓋をして日が入らないように保存したり、庭があれば、外の土に埋めて保存している人もいます。

Sponsored Link

腐ったりカビが生えることも防止するために、冷蔵庫以外に保存する場合は、風通しのなるべくよいところをおすすめします。

 

緑になったじゃがいもはどうすればいいの?

緑になったじゃがいもの皮が、毒が多く含まれています。

なので、なるべく皮を厚く剥き(1ミリ以上が理想です)、緑の部分は完全に取り除いてください

皮を剥いても、中が緑になっている場合がありますので、その場合は緑の部分を全て取り除くようにしてください。

 

調理すれば毒は消えるの?

よく、「食品を加熱調理すると毒が消える」と言う話しを聞きますよね。

「じゃがいもの毒にも当てはまるのでは?」などど思うかもしれませんが、じゃがいもの毒はしぶといです。

 

緑のじゃがいもに含まれるソラニンやチャコニンは、茹でても分解しませんので、毒はそのまま残ってしまいます。

170℃以上の油で揚げるた場合に限り、ソラニンやチャコニンは分解しますが、揚げて調理する場合も、緑色の部分は取り除いた方が安心です。

 

冷蔵庫で保存したじゃがいもは揚げないで!

冷蔵庫で保存したじゃがいもを油で揚げると、アクリルアミドという別の物質が増える可能性がありますので、フライドポテトを作る時は、冷蔵庫で保存したじゃがいもを使うことは避けてください。

アクリルアミドとは、発がん性を持つと考えられている科学物質です。

なので油で揚げる時は、常温保存したじゃがいもを使うようにしてくださいね。

 

子供には緑のじゃがいもは食べさせないで!

子供は大人に比べて、じゃがいもの毒にとても弱いです。

大人では問題ない量の毒でも、子供の体内に入ると、吐き気や腹痛をもたらしますので、緑色のじゃがいもは子供には食べさせないようにしてください

 

学校などでじゃがいもの栽培する場合は、成長不良から、緑色のじゃがいもができることが多いです。

学校で食べる場合も、緑のじゃがいもには十分注意が必要です。

 

迷ったら、食べないことが1番!

じゃがいもは長持ちする、大変便利な常備菜です。

ついたくさん買い過ぎて、緑色に変色してしまうこともあるでしょう。

 

きちんと皮の処理をすればほとんど問題ありませんが、「もったいないけど、毒が心配・・・」と少しでも思うのであれば、食べないことが1番です。

心配しながら食べる食事って美味しくないですし、身体にもよくありませんからね。

 

まとめ

じゃがいもが緑になる原因は日光で、緑になった場合、皮をきちんと取り除けば問題なく食べられます。

しかし、特に小さいお子さんには、なるべく食べさせることは避けてくださいね。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ