花粉症にコーヒーは効くのかを解説!

花粉症にコーヒーは効くのかを解説!

花粉症に効く飲み物のイメージは、甜茶やルイボスティーなどのイメージが強いですが、コーヒーも効果があるという意見もありますよね。

そこで今回は花粉症にコーヒーは効くのかについて解説していきます。

Sponsored Link

 

コーヒーが花粉症に効くかどうかは、賛否両論

私も毎日コーヒーを数杯飲むのが日課となっていますが、ひどい花粉症で悩まされています。

しかしコーヒーに含まれるクロロゲン酸に強い抗酸化作用が期待でき、花粉症などのアレルギー体質を改善する効果があると言われています。

 

一方で、「コーヒーをやめたら花粉症がよくなった!」などという、反対の意見も多いです。

コーヒーが花粉症に効くかどうかは、賛否両論ありそうですね。

※ちなみに花粉症の飲み薬に抵抗があるのであれば、点鼻薬がオススメです。

→花粉症の市販点鼻薬おすすめランキング

 

コーヒーが花粉症にNGとされる理由

「コーヒーを飲むと花粉症がひどくなる」という人が多いのは、昔は「コーヒーに含まれるカフェインが、花粉症によくないのではないか」と言われていたためです。

しかし、実際は違います。

 

コーヒーがNGなのではなく、砂糖とミルクがNG

一時は「花粉症にコーヒーが悪いのでは」と疑われていましたが、最近の研究で、花粉症に悪いのは「コーヒーに入れる砂糖とコーヒーミルクが原因」だということが分かってきました。

砂糖は体を冷やしやすく、免疫バランスを崩してしまう働きがあります。

 

コーヒーミルクにもトランス脂肪酸が含まれ、摂りすぎると免疫力が低下します。

なので、花粉症の人でコーヒーに砂糖とミルクを入れる時は、控えめにするとよいでしょう。

 

コーヒーが花粉症に効果的だという理由

昔はコーヒーのカフェインは花粉症によくないとされていましたが、今は違います。

コーヒーに含まれるカフェインは、最近の研究で花粉症のアレルギー抑制に効果があるというデータも出てきました。

Sponsored Link

カフェインの過剰摂取はよくないですが、1日数杯ブラックコーヒーを飲むことは、花粉症の人にとってはよい対策になるでしょう。

 

カフェイン以外にも、クロロゲン酸に注目

カフェイン以外にも、コーヒーが花粉症に効くとされることはあります。

コーヒーには「クロロゲン酸」というポリフェノールで、タンニンに似た成分のものがあります。

 

この「クロロゲン酸」は他のポリフェノールと同様、抗酸化作用や花粉症での炎症を鎮める作用があると言われ、近年ではダイエットの分野でも注目されています。

 

コーヒーの香りでアロマ効果も

コーヒーが好きな人は、「コーヒーを落としている時の香りもたまらない」という人が多いでしょう。

好きな香りは精神的なリラックス効果をもたらし、イライラを改善します。

 

花粉症の辛い症状でイライラしがちかもしれませんが、コーヒーのアロマ効果で少しはリラックスできるのではないでしょうか。

コーヒーが好きな人にとって、好きなコーヒーを香りも楽しみながらホッとする時間って、至福の時なんですよね。

 

コーヒーを飲むなら、断然ホットがおすすめ

アイスコーヒーが好きな人もいますが、花粉症に効くコーヒーの飲み方は、断然ホットがおすすめです。

花粉症には、身体を冷やさないことが大切です。

 

身体を冷やしてしまうことで、免疫のバランスを崩してしまい、花粉症の症状が悪化してしまいます。

逆に身体を温めることで、免疫バランスを維持できますので、コーヒーに限らず、花粉症の人は温かい飲み物を飲むようにしてくださいね。

 

まとめ

花粉症とコーヒーの関係をまとめてみました。

総合的に見ると、花粉症にコーヒーはよい効果を発揮することが多いでしょう。

 

砂糖やミルクを入れず、温かいブラックコーヒーであれば、過剰摂取しない限り、花粉症に効果的だと言えます。

飲み方に気をつけて、コーヒーで花粉症対策しましょうね。

また、その他花粉症対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症対策に関する情報まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ