花粉症の鼻水対策6選

花粉症の鼻水対策6選

花粉症シーズン、放っておくと知らない間に透明な鼻水がたらり、なんてこともありますよね。

花粉症では、止まらない鼻水に悩む人はとても多いです。

そこで今回は、花粉症の鼻水対策6選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

花粉症の鼻水対策

マスクを日常的につける

マスクをつけるというのは、花粉症対策の基本中の基本です。

花粉症には、花粉の侵入を防ぐのが1番の対策です。

 

そして、マスクをしていることでよい点がもう一つあります。

鼻水をうっかり垂らしてしまっても、マスクに隠れて見えないという点です(笑)

電車など公共の場でくしゃみを連発してしまい、万が一鼻水が垂れてしまっても、マスクの中は見えないので安心ですね。

 

鼻を蒸しタオルで温める

温かいタオルを鼻の上に置き、鼻に当てるだけという方法です。

10分ほどで効果は表れることが多いです。

 

お風呂に入るのと同じ作用が働き、鼻水対策に効果的です。

蒸しタオル以外にも、身体を温めることは鼻水に効果的ですよ。

 

水を口に含む

「こんなに簡単なことで効果があるの?」と、疑問に思う人も多いかもしれませんが、実際に効果を感じている人は多くいるようです。

方法は、ほんの少しの水(小さじ1~2杯ほど)を口に含み、しばらく待つだけ、というシンプルなものです。

 

待つ時間は5分ほどで効果が表れてきます。

溜まった水が気持ち悪ければ、途中で吐いてしまって大丈夫です。

簡単な方法なので、1度試してみてくださいね。

Sponsored Link

 

点鼻薬を使う

鼻水対策として、点鼻薬を鼻にシュッとすると、とても鼻がすっきりします。

直接鼻に吹きかけることができるので効果も高く、飲み薬より副作用も少ないことから、使っている人は多いでしょう。

 

しかし容量を守らないと、使い過ぎにより効果が出なくなったり、逆に炎症を起こしてしまう場合がありますので、気を付けてくださいね。

※ちなみに、花粉症の点鼻薬に関しては、下記の記事で詳しくご紹介していますので、チェックしてみてください。

→花粉症の市販点鼻薬おすすめランキング

 

市販薬を飲む

花粉症での鼻水の症状は、比較的市販薬が効きやすいです。

鼻水はほとんどの花粉症の人が実感する症状のため、市販薬も鼻水に効果的なものが多いです。

 

しかし、効果や副作用には個人差がありますので、注意をしてくださいね。

※ちなみに花粉症の薬の強さに関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→花粉症の薬、強さランキング

 

「一時的に鼻水が止まる方法」を行う

一時的に鼻水が止まる、魔法のような方法もあります。

具体的には、深く息を吸い、深呼吸し息を吐き尽くした後、鼻をつまみます。

頭を、2秒を目安に上下にゆっくり動かし、息が苦しくなる限界まで続けます。

限界が来たら、手を離し息を吸います。

 

私もこれは初めて聞いた時、「嘘でしょ?!」と思い、実際やってみました。

一時的ではありますが、効果はありましたよ。

 

まとめ

花粉症での辛い鼻水対策を、まとめてみました。

ぜひ試してみていただきたいですが、どうしても辛い時は、病院で診察してもらうことが1番の対策ですよ。

 

自分に合った、花粉症の鼻水対策を探してみてくださいね。

また、その他花粉症の様々な症状と対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症の様々な症状と、それに対する対策まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ