花粉症に効果的な鼻うがいの痛み・方法・注意点など

花粉症での鼻うがいについて解説!

花粉症での辛い症状といえば、鼻水や鼻づまりなど、鼻の症状をあげる人が多いですよね。

そんな花粉症の鼻の症状に効果的な、「鼻うがい」を知っていますか?

今回は、鼻うがいの痛み・方法・注意点などについて解説していきます。

Sponsored Link

 

鼻うがいとは?

鼻うがいはインドで昔から行われている、生理食塩水で鼻を洗う行為のことです。

鼻から食塩水を吸い込んで、口から出すというシンプルな方法なので、誰でも実践できます。

鼻うがいをすることで、鼻の中の粘膜についている花粉やホコリを取り除くことができ、アレルギーの原因を除去することができるのです。

 

この鼻うがいは花粉症対策だけではなく、

  • 風邪
  • インフルエンザ
  • 蓄膿症
  • 鼻づまり
  • 鼻炎

これらの対策にも効果的です。

 

鼻うがいは痛くないの?

「プールで鼻から水を吸い込んでしまった時、ツーンとしてとても痛かった」という経験は、誰でも一度はありますよね。

あのツーンとする痛みの原因は、浸透圧のせいなのです。

人の体液と水の浸透圧には差がありますので、鼻から水を吸うと痛く感じます。

 

しかし鼻うがいでは、生理食塩水を使います。

なぜかと言いますと、生理食塩水は人の体液の浸透圧と近いので、あのツーンとした痛みは感じなくなるのです

なので、鼻うがいは痛くありません。

 

鼻うがいの方法

1.鼻うがい用の食塩水を作る

まず、鼻うがい用の食塩水を作ります。

具体的には、水1リットルに対して、食塩9gを混ぜ合わせます。

使用する水は、ミネラルウォーターや浄水器の水が望ましいです。

0.9%の食塩水になるように、量は調節してください。

 

2.洗面器に食塩水を入れる

次に、洗面器など顔が入る大きさの容器に、食塩水を入れてください。

 

3.鼻の穴を片方塞いで、もう片方の鼻の穴から食塩水を吸う

片方の鼻の穴を指で塞いで、もう片方の鼻の穴から食塩水を吸います。

この時、水を飲み込まないように注意してくださいね。

 

4.洗面器から顔を出し、吸い込んだ食塩水を口から出す

洗面器から顔を出し、吸い込んだ食塩水を口から出してください。

 

5.もう一方の鼻の穴も同様に行う

もう一方の鼻の穴も、この手順通りやってください。

Sponsored Link

 

鼻うがいの注意点

鼻うがい用の食塩水は正しく作る

鼻うがいに使用する食塩水は正しく作るようにしてください。

具体的には、

  • 温度は人肌ほど
  • 0.9%という濃度を守る

この2つがポイントです。

 

特に濃度に関しては、多少の誤差であれば問題ありません。

しかしあまりにも濃度が違いすぎると、鼻から水を吸い込んだ時と同様に、ツーンとした痛みが出てしまいますので、注意してください。

 

鼻うがいで水は飲み込まない

また鼻うがいの際に、水は飲みこまないようにしてください。

鼻うがいの水を誤って飲み込んでしまうと、食塩水が耳に流れてしまった時、中耳炎の危険が出てきてしまいますので。

 

鼻うがいの後に鼻を強くかまない

そして鼻うがいの後には、鼻は強くかまないようにしてくください。

食塩水が残っている状態で鼻をかんでしまうと、鼻の粘膜が炎症してしまうことがありますので。

 

市販の鼻うがいキットを使えば簡単

鼻うがいを簡単に説明すると、

  • 食塩水を鼻から吸って、口から出す

これだけです。

こう言葉にすると簡単ですが、食塩水を自分で作ることが面倒などのハードルも出てきますよね。

 

そのような場合に助かるのが、市販の鼻うがい専用キットです。

食塩水を準備するのが面倒だったり、顔が濡れるのが嫌な場合などは、それを使うと簡単ですよ。

ちなみにオススメは、小林製薬の「ハナノア」です。

鼻うがい初心者の人でも、手軽に鼻うがいができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

鼻うがいが未経験で怖いと感じていた人も、一度試してみると、その効果を実感できると思います。

鼻うがいを上手に取り入れて、辛い花粉症を乗り切っていきましょう。

 

※また、花粉症のおすすめ点鼻薬に関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→花粉症の市販点鼻薬おすすめランキング

その他花粉症対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症対策に関する情報まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ