花粉症と風邪を併発した場合の対処法

花粉症と風邪を併発した場合の対処法

寒い冬から暖かくなってくると同時に、辛い花粉症に苦しむ人も増えてきますよね。

春先の花粉症で鼻ものども辛いのに、さらに風邪を引いてしまったらどうすればよいのでしょうか?

そこで今回は、花粉症と風邪を併発してしまった場合の対処法について、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

花粉症と風邪が併発することはあるの?

花粉症の症状と風邪の症状はよく似ているせいか、花粉症と風邪を勘違いしてしまう人も中にはいるようです。

決定的な違いとは、風邪には「目のかゆみが表れることがあまりない」「鼻水が黄色でドロドロしている」「高熱が出る」といった点くらいでしょうか・・・。

花粉症と風邪との違いについては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→花粉症の症状と風邪との違いについて解説!

 

花粉症と風邪は併発する

そして、花粉症と風邪は別のものですので、もちろん併発もします

私も経験がありますが、花粉症と風邪の併発は、一体どの症状が風邪で、どこまでが花粉症なのか、区別がつかないほど辛いです。

 

鼻水、のどの痛み、咳、目のかゆみ、鼻づまり、熱・・・。

想像するだけで、2度と経験したくないと思う辛さでした。

 

花粉症の人は風邪を引きやすい

特に、毎年花粉症になるような人は、その時期の免疫力も落ちていますので、風邪を引きやすいと言われています。

鼻づまりやくしゃみなど、花粉症の症状により寝不足の人も多いでしょう。

体力が低下して、ウイルスへの抵抗力も弱くなっていますので、普通の人より風邪を引きやすい傾向があります。

 

花粉症の人は、風邪以外の病気も併発しやすい

また、花粉症の人が風邪を引くと、治りにくいだけでなく、蓄膿症にかかることも多く、悪化もしやすいといいます。

花粉症だけでもひどい風邪のように辛いのに、風邪や蓄膿症にまでかかってしまったら・・・。

もう地獄といってもおかしくありませんよね。

 

花粉症と風邪が併発した場合、優先するのはどっち?

気をつけていても、花粉症で弱った鼻や喉です。

風邪を併発してしまうことはあります。

Sponsored Link

 

花粉症の人が風邪を引いてしまった場合、まず風邪を治すために、十分な水分と睡眠、そしてビタミンなどの栄養分を摂取し、ゆっくり休むことを優先してください。

部屋の湿度にも気をつけ、乾燥によりのどの症状が悪化しないように気をつけましょう。

 

薬はどうしたらいいの?

花粉症の人が風邪をひいてしまった場合、薬の服用には特に注意してください。

元々飲んでいる花粉症の薬に、さらに風邪薬を飲んでしまっては、薬の飲み過ぎです。

 

個人の判断で薬を併用してしまうことは、大変危険です。

風邪が治らないどころか、他の症状も出てくる恐れがあるので絶対にやめましょう。

 

薬の服用に関しては、病院の先生の指示を守るようにしてください

※最近では下記のような点鼻薬も人気ですが、風邪を併発している場合の使用は、くれぐれもご注意くださいね。

→花粉症の市販点鼻薬おすすめランキング

 

基本的に風邪も花粉症も、抗ヒスタミン剤を処方されることが多い

花粉症も風邪も原因は、ヒスタミンというアレルギー物質の増加により引き起こされています

そのため、風邪でも花粉症でも処方される薬は抗ヒスタミン剤なのです。

なので、風邪薬も花粉症の薬も飲もうとすると、通常の2倍の量の薬を飲んでしまうことになりますので、注意してください。

 

花粉症と風邪の辛い併発には、病院へ行くのがベスト

風邪の場合、通常なら1週間程度で症状は自然と治ります。

しかし、花粉症の人は鼻やのどの炎症がありますので、風邪もなかなか症状が治らないことが多いです。

 

そして風邪薬は、症状を抑えるだけのものであり、風邪を治すものではありません。

なので花粉症との併発により、薬の併用などで悩むことがあれば、病院へ行くのが1番の対処法です。

何度も言いますが、自己判断で薬を併用することは絶対に避けてくださいね。

 

まとめ

花粉症と風邪の併発はとても辛いですが、花粉症シーズンの春先には起こってしまう可能性があります。

対処法としては、早めに病院へ行くのが1番です。

 

そして十分な睡眠、栄養を摂りながら風邪が治るのを待ちましょう。

薬の併用や、勝手な判断で量を増やすなどは、絶対にしないでくださいね。

また、その他花粉症の様々な症状と対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症の様々な症状と、それに対する対策まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ