花粉症の薬の副作用8つ

花粉症の薬の副作用8つ

辛い花粉症シーズン、常に薬を飲んでいる人も多いですよね。

そんな薬には必ずと言っていいほど、副作用があります。

そこで今回は、花粉症の薬の副作用8つについて、解説していきたいと思います。

Sponsored Link

 

花粉症の薬の副作用

眠気

花粉症をはじめ、アレルギー性疾患に広く用いられる内服薬である抗ヒスタミン薬は、即効性と効果の強さから幅広く使用されていますが、「眠気」という副作用もあります。

個人的に私も、花粉症の薬を飲むと眠気を多く感じるので、飲む時間帯を考えて服用していました。

 

現在では副作用の眠気を少なくした薬も多くありますが、人によっては眠気を感じることもありますので、新しい薬を服用する際は十分な注意が必要です。

※ちなみに花粉症の薬の強さに関しては、下記の記事で詳しくご説明していますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

→花粉症の薬、強さランキング

 

頭痛

花粉症の薬の副作用で、眠気の次に多くあげられると言えるのが「頭痛」です。

私の場合は、花粉症の薬を服用し頭痛が表れることはありませんでしたが、副作用の頭痛に悩む人も多くいます。

現在では深刻な頭痛にはならないというデータが出ていますが、薬を飲んでいるのに副作用頭痛に苦しむなんて、本末転倒ですよね。

 

また絶対に避けて欲しいのは、花粉症の薬と頭痛薬の併用です。

市販薬の併用は、医師の診断を受けてくださいね。

花粉症の頭痛に関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→花粉症の症状、頭痛の原因と対処法3選

 

倦怠感

花粉症の薬で、倦怠感が出る人も多いです。

頭痛などとは違って痛みではないので、さほど辛くはないように思えますが、ひどい倦怠感が続くと、日常生活の様々なことに集中できなくなってしまい、支障をきたしますよね。

 

その日の体調にもよりますが、強い倦怠感が出た場合、危険を伴う作業は極力避けてください

Sponsored Link

また、倦怠感が酷すぎる場合、医師の診断を受け、自分に合う薬を処方してもらいましょう。

 

口の渇き

鼻水、鼻づまりに効く薬を飲んだ時、私も口の渇きをよく感じていました。

喉が乾燥してしまうと、喉のイガイガが悪化してしまうため、水分補給を多く心がけていました。

 

そのため、仕事中などはトイレが近くなって困ったりもしましたが・・・。

それでも、花粉症の辛さよりトイレが近い方が楽でしたので、副作用で口の渇きを感じる人はこまめな水分補給をしてください。

 

便秘

花粉症の薬に含まれる成分には、腸の働きを抑えるものもあるので、便秘の症状が表れる人もいるそうです。

私は全く感じたことはありませんでしたが、便秘の副作用か出る人は、ヨーグルトなど腸の働きをよくする食事を心がけましょう。

ヨーグルトや納豆などに多く含まれる乳酸菌は、花粉症対策にも効果的ですよ。

 

下痢

同じく、花粉症の薬の副作用で下痢になってしまう人もいます。

こちらも乳酸菌を積極的に摂り、花粉症対策と同時に副作用対策もしましょう。

症状があまりに酷いようでしたら、医師の診断を受けて薬を処方してもらいましょう。

 

めまい

花粉症の薬の副作用として、めまいを感じることもあるようです。

原因としては、「マレイン酸クロルフェニラミン」という物質により、めまいが起きる場合があるようです。

 

薬を飲んでめまいが表れるなんて、避けたいですよね。

めまいの副作用が出ないよう、医師の処方で薬を服用することをおすすめします。

 

生理不順

私はもともと生理不順なので、副作用で生理不順になるなんて全く気になりませんでしたが、花粉症の薬を服用したことで生理不順になる女性もいるようです。

実際には月経の周期が短くなる症状が多いようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

花粉症に限らず全ての薬に言えることですが、効果のある薬にはそれなりの副作用が表れます。

個人差もありますので、副作用のないとされている薬でも、場合によっては副作用を強く感じる人もいるでしょう。

 

不安な場合は、病院であなたに合う薬を処方してもらってくださいね。

その他花粉症の薬に関する情報は、下記の記事にまとめています。

→花粉症の薬に関する情報まとめ

 

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ