花粉症の薬で眠くならないもの4選と注意点

花粉症の薬で眠くならないもの4選

辛い花粉症の対策として、薬に頼る人はかなり多いです。

そして薬が効くと症状も楽になりますが、副作用の眠気に悩んむことも多いでしょう。

そこで今回は、花粉症の薬で、眠くならないもの4選について解説していきます。

Sponsored Link

 

花粉症の薬で眠くならないもの

アレグラ

アレグラ」は、大変知名度の高い花粉症の薬です。

花粉症の症状である

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ

などに効果を発揮し、副作用の眠気や口の渇きが少ないとされている花粉症の薬です。

朝・晩1日2回の服用となりますが、「空腹時でも飲める」ということで、飲む時間を選ばなくてよいのも、忙しい人たちにとって都合のよい薬と言えますね。

 

アレジオン

こちらの「アレジオン」も、知名度の高い花粉症の薬です。

CMなので、商品名が耳に残っている人も多いのではないでしょうか?

1日1回の服用でOKで、花粉症の予防効果と抑制効果の両方を持つ薬です。

症状が出たら早めに飲み始めると効果も高く、副作用の眠気も少ない花粉症の薬です。

Sponsored Link

 

ストナリニZ

こちらの「ストナリニZ」も、1日1回就寝の服用で、花粉症シーズンの辛い鼻水やくしゃみ、鼻づまりに効果のある薬です。

そして、副作用の眠気も少ないということで評判です。

 

ザイザル

もともとあった「ジルテック」という薬を、眠気などの副作用の少なく改良したものがザイザルです。

病院で処方される薬で、副作用の眠気が少ないと言われています。

比較的新しい薬なので、市販薬はまだ販売されていません。

※ちなみにザイザルに関しては、下記の記事で詳しくご説明していますので、チェックしてみてくださいね。

 

副作用には個人差があるが、体調による変化もある

寝不足や疲れている時には、薬の効果を強く感じることはありませんか?

花粉症の薬も同様に、副作用が少ないと言われているものでも、眠気が強く出てしまう人もいます。

また同じ人でも、その日の体調により副作用の出る程度が変わってくることもあります。

なので、花粉症の薬を飲んだ後は、万が一副作用が出る可能性があることは注意して、生活するようにしてください。

※ちなみに、花粉症の薬の強さに関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

 

まとめ

以上、花粉症の薬で眠くならないもの4選と注意点について解説しました。

ぜひあなたに合った薬を選び、花粉症と付き合っていってくださいね。

また、その他花粉症の薬に関する情報は下記にまとめています。

→花粉症の薬に関する情報まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ