花粉症の薬「ザイザル」の効能・副作用・服用できる年齢、そして評判

花粉症の薬ザイザルについて解説!

花粉症の薬である、「ザイザル」はご存知でしょうか?

聞いたことくらいはあっても、詳しくは知らないということがあるかもしれませんね。

そこで今回は、この花粉症の薬である「ザイザル」の効能・副作用・服用できる年齢、そして評判などについて解説していきます。

Sponsored Link

 

ザイザルの効能

ザイザルの主な効能としては、

  • 鼻づまり
  • くしゃみ
  • 鼻水

など、花粉症が原因で起こる症状の緩和です。

またこの他にも、じんましんや皮膚炎などの治療にも使われることが多いです。

 

ザイザルの用法

成人は通常、1日1回、1錠を就寝前に服用します。

もちろん、詳しい用法は医師と相談するようにしてください。

くれぐれも自分の判断で量や回数を変えたり、飲むのをやめたりしないでくださいね。

 

ザイザルを服用できる年齢と服用の違い

ザイザルを服用できる年齢は、7歳からとなります。

そして注意するべきなのは、上記でお話しました通り、成人は通常、1日1回、1錠を就寝前に服用します。

 

それに対して子供は、

  • 朝食後に2分の1錠
  • 就寝前に2分の1錠

というように、1日2回、1錠を半分に分けて服用する形となります。

 

ザイザルの市販薬はある?

ザイザルは病院での処方が必要な薬のため、市販薬はありません

似た成分である「ジルテック」の市販薬であれば、ご存知の方も多い「コンタック鼻炎Z」「ストナリニZ」という薬があります。

市販薬で、ザイザルと同じような効能を得られる薬がほしい場合は、これらを試してみてください。

 

ザイザルは眠気などの副作用が少ない

ザイザルは第二世代の抗ヒスタミン剤で、もともとある「ジルテック」という薬を改良し、2010年に認可された新しい薬です。

ちなみに第二世代の抗ヒスタミン剤は、眠気などの副作用が少ないことが特徴です。

Sponsored Link

 

なので花粉症の薬を飲んだ時の眠気が気になる人は、ぜひザイザルを病院で処方してもらってください。

※ちなみに下記の記事では、ジルテックやザイザルなど花粉症の薬の強さに関して詳しくご説明しています。

→花粉症の薬、強さランキング

 

ザイザルの副作用

第二世代の抗ヒスタミン剤のザイザルは、「副作用を少なく改良した」とは言っても、人によっては副作用は表れます。

ザイザルを服用して、よく表れる副作用としては、

  • 眠気が出る
  • 頭痛がする
  • 疲労感が出る
  • 口が渇く
  • 嘔気がある

などですね。

 

服用する人の体調や体質により、副作用には個人差がありますので注意が必要です。

※もしザイザルを飲んで眠くなってしまう場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

→ザイザルを飲んで眠くなってしまう場合の対処法!

 

ザイザル服用時の注意

ザイザルは眠気が少ないとは言っても、人によっては眠気が出てしまうという場合があります。

なので服用時は、自動車の運転などは避けるようにしてください。

 

またザイザル服用時に飲酒をしてしまうと、眠気や倦怠感が強くなる場合があります。

なので、飲酒も避けるようにしてくださいね。

 

ザイザルの評判

ザイザルの特徴としては、

  • 効き目が長く続くため、1日1回の服用で十分効果が得られる
  • 眠気などの副作用が少ない

大きくはこの2つが挙げられます。

特にザイザル服用者の約8割は、「眠気を感じることが少ない」と、評価しているようです。

 

そして、

  • 「新薬だから2週間分しか処方してもらえなくて不便。でも市販薬よりよく効くし経済的」
  • 「1日1回の服用で済むので、忘れず飲める」
  • 「他の薬に比べて、眠気はほとんど感じない」

など、ネットでの評判も良好です。

専門医師からの評判も、なかなかよいと感じられますね。

 

まとめ

花粉症の薬はたくさんの種類がありますが、ザイザルは副作用の少なさや効能の高さから判断しても、多くの人に役立つ薬と言えそうですね。

しかし、効能や副作用の表れ方には個人差がありますので、注意してください。

また、その他花粉症の薬に関する情報は、下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

→花粉症の薬に関する情報まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ