「花粉症で熱は出るのか」について解説!

「花粉症で熱は出るのか」について解説!

花粉症で苦しんでいて、熱が出てしまう時ってありますよね。

そんな時、「花粉症の症状で熱なんてあるの?」と思ったことはありませんか?

それが明確に分からないと、対処のしようもないですからね。

そこで今回は、「花粉症で熱は出るのか」ということについて解説していきます。

Sponsored Link

 

花粉症がひどい人は、熱は出ることがある

驚くかもしれませんが、花粉症のひどい人は熱の症状が出ることもあるんです。

私も花粉症がひどい方なので、微熱かな?と、思うほど身体が熱くなることがあります。

 

微熱程度なので熱を計ることはありませんでしたが、頭と鼻の奥が重くのども痛がゆいので、まるで風邪をずっとひいているような症状が、春先ずっと続きました。

頭もぼーっとすることが多く、「早くこの時期が過ぎてほしい」と願うばかりでした。

 

花粉症で熱が出る原因

なぜ花粉症で熱が出るのか、その原因を説明していきます。

花粉症の人の体内に花粉が入ると、免疫が活発化します。

 

花粉を異物と判断するので、花粉を追い出そうと攻撃し始めます。

免疫機能は体温が高い方がよく働くため、体温を上げて免疫力を高めようとします。

そのため37度ほどの微熱が続くことがあるのです。

 

また花粉症の鼻のつまりから、頭に酸素が十分に届かないため、酸欠状態になります。

酸欠状態になると、頭痛や微熱を引き起こしやすくなります

 

花粉症の熱と、風邪の熱との違い

もともと花粉症の症状と風邪の症状は、鼻水、鼻づまり、頭痛、くしゃみなどと似ているため、花粉症の人が熱を出すと風邪と勘違いしてしまうこともあります。

しかし花粉症の熱の多くは、微熱が長期に渡って続くことが多いです。

 

鼻水に関しても、花粉症の場合さらさらしているのに対し、風邪は黄色いドロドロとした鼻水が出るので、見分けはつきやすいです。

微熱が長期に渡って続くことは、高熱ではないにせよ、とても辛いですよね・・・。

花粉症と風邪との違いについては、下記の記事で詳しくご説明しています。

Sponsored Link

→花粉症の症状と風邪との違いについて解説!

 

花粉症の熱対策

辛い花粉症の熱対策は、どうしたらよいでしょうか。

発熱自体は解熱剤で下げることはできますが、解熱剤を使うほど高熱が出ることは少ないですし、花粉症を改善しない限り、治ることはありません

 

1番は、鼻のつまりを解消することです。

酸素が十分脳に行き届けば、微熱の症状も改善しやすくなりますので。

※ちなみに花粉症の鼻に関する症状には、点鼻薬がオススメです。

→花粉症の市販点鼻薬おすすめランキング

 

花粉症で高熱が出る場合はあるの?

花粉症では微熱が続く場合が多いとお伝えしましたが、38度以上の高熱が出ることもあります

今まで花粉症で高熱が出たことのない人は、高熱が出た場合、風邪と判断する人が多いのではないでしょうか。

 

しかし「病院に行ったら花粉症の症状でした」なんてこともあるようです。

高熱が出てしまった場合は風邪の時と同様、水分補給をこまめに行い、頭もぼーっとしてしまうのでゆっくり休み、花粉症対策をしながら熱が下がるのを待ちましょう。

 

解熱剤と花粉症の薬は併用しない!

花粉症で高熱が出てしまったからと言って、花粉症の薬も飲んでいるのにもかかわらず、解熱剤を使うのは絶対にやめましょう

思わぬ副作用が生じる危険もあります。

 

花粉症で高熱が出る場合もありますが、高熱が出たら、まず病院で診てもらうことをおすすめします。

普段使っている薬だからと安心していても、併用することで薬の効力は全く別物になることもありますので。

 

まとめ

「花粉症で熱は出るのか」という疑問に対して、さらに原因や対策についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

花粉症には目、鼻、のど、そして熱と、たくさんの症状があります。

 

自分の花粉症の症状をしっかり把握して、間違った対処法をしないよう気を付けてください。

「分からなかったら病院へ」が1番の対処法ですよ。

また、その他花粉症の様々な症状と対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症の様々な症状と、それに対する対策まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ