花粉症で熱が出る原因2つと対処法

「花粉症で熱は出るのか」について解説!

「花粉症で熱が出る」ということはあります。

今回は、花粉症で熱が出る原因と対処法について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

 

花粉症で熱が出る原因

まず、「なぜ花粉症で熱が出るのか」ということですが、これは微熱か高熱かによって、原因が異なってきます

次にそれそれについてご説明していきます。

 

微熱の場合

花粉症で37度くらいまでの微熱が出る原因ですが、花粉症の場合、体内に花粉が入ると免疫が活発化します。

花粉を異物と判断して、花粉を追い出そうと攻撃し始めるわけです。

 

そして免疫機能は、体温が高い方がよく働きます。

なので体温を上げて、免疫力を高めようとするために、微熱が出ることがあるのです。

 

また花粉症での鼻づまりによって、頭に酸素が十分に届かず、酸欠状態になることがあります。

そして酸欠状態になることによって、頭痛や微熱が出ることもあります

 

高熱の場合

そして次に、花粉症で38度以上の高熱が出る原因ですが、これは

  • 花粉症以外の病気が原因で免疫力が低下してしまった

これが大きな要因だと考えられます。

例えば、花粉症の時に風邪などを併発してしまったことで、免疫力が低下して、高熱が出てしまうということです。

 

花粉症と風邪の違い

花粉症と風邪の違いは、「微熱か高熱か」ということの他にもいくつかあります。

詳しくは下記を参考にしてみてください。

Sponsored Link

→花粉症と風邪の症状の違い6つ

 

花粉症で熱が出た場合の対処法

花粉症で熱が出た場合の対処法としては、原因である花粉症を改善することが必要になります。

様々な花粉症対策については、下記にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

→花粉症の情報・症状・対策・薬に関するまとめ記事一覧

 

また、花粉症での鼻づまりによって、酸欠状態になったことで熱が出てしまっているのであれば、鼻づまりを改善していきましょう。

花粉症の鼻づまりには、点鼻薬がオススメですよ。

→花粉症の市販点鼻薬おすすめランキング

 

解熱剤と花粉症の薬の併用はNG

注意すべきこととして、花粉症の薬を服用している時に熱が出てしまった場合、解熱剤を併用するのはやめてください

素人の判断での薬の服用は、思わぬ副作用が生じる危険があり危険です。

 

病院で看てもらうのが安心

そして症状がどうしてもきついようであれば、病院で看てもらうのが一番安心です。

病院では、発熱の原因の特定はもちろん、あなたに合った治療もしっかり行ってもらえますよ。

 

まとめ

花粉症で熱が出る場合、花粉症が原因の場合と、風邪など花粉症以外の病気が原因の場合があります。

症状をしっかり確認して、正しく対処してください。

病院で看てもらうのが、一番安心ですよ。

また、その他花粉症の様々な症状と対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症の様々な症状と、それに対する対策まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ