花粉症で喉(のど)がかゆい場合の対処法8選

花粉症で喉がかゆい場合の対処法8選

花粉症の人は毎年、春が来るのが憂鬱に感じていることでしょう。

花粉症の症状は人それぞれですが、喉のかゆみが辛いと感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、花粉症で喉がかゆい場合の対処法8選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

花粉症で喉(のど)がかゆい場合の対処法

マスクをする

花粉症による喉のかゆみは、喉が乾燥すると悪化してしまいます。

喉の乾燥と、新たな花粉の侵入を防ぐためにも、マスクは必需品です。

 

寝る時も喉は乾燥していますので、マスクをつけて寝ることでだいぶ症状は変わってきますよ。

寝る時にマスクをし続けていると、紐をかけている耳が痛くなったりする人も多いかもしれませんが、今は耳にかける部分が柔らかい素材のマスクもあり、痛くなりにくいものも増えています。

 

鼻うがい

鼻と喉はつながっていますので、鼻から吸った花粉は、喉にも届いてしまいます。

喉のかゆみの症状は、そういった花粉の付着から表れますので、鼻うがいをこまめにし、花粉の侵入を防ぐことを意識してください。

 

鼻うがいの市販薬としては、「ハナノア」「アルガード 鼻すっきり洗浄液」などがあります。

鼻うがいをすることで、鼻の奥がすっきりし、同時に喉もすっきりすることができますよ。

 

花粉症での鼻うがいについては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→花粉症での鼻うがいについて解説!

また、花粉症の鼻に関する症状を改善させる、点鼻薬もオススメですよ。

→花粉症の市販点鼻薬おすすめランキング

 

大根はちみつ生姜を飲む

花粉症の喉のかゆみには、「大根」「はちみつ」「生姜」の無敵の組み合わせで立ち向かいましょう。

大根もはちみつも生姜も、炎症を抑える効果のある食材です。

 

作り方は、大根おろしにはちみつをかけ、水分が出たらお湯を入れ、その中に生姜をすりおろします。

そこで、大根おろしから出る水分は捨ててはいけません

濃ければ濃いほど効果的なので、大根おろしを作ったらそのままハチミツをかけ、お湯を入れるようにしましょう。

 

喉飴

花粉症の人は喉のかゆみのせいで、春は仕事に集中できないことが多くなります。

そんな時、常に持っていたいのは喉飴です。

喉のなんとも言えないかゆみは、喉飴を舐めている最中は緩和できますので。

Sponsored Link

 

私もなかなかうがいができない会議中などは、こっそり喉飴を舐めていることが多くありました。

喉の乾燥も防げますし、殺菌効果のある喉飴もありますので、お守りとしても常備しておくとよいでしょう。

 

喉スプレー

私は長年喉スプレーを愛用しています。

花粉症の時期の、喉のなんとも言えないかゆみに悩まされていますが、喉スプレーはそのかゆみに直接ピュッとスプレーできるので、きちんと命中した時の気持ちよさがたまりませんでした(笑)

 

市販の「のどぬ~るスプレー」は命中しやすく、使用後は清涼感があり、とてもすっきりするスプレーなのでおすすめです。

かなりおすすめなので、清涼感を求めるあまり、使い過ぎには注意してくださいね。

 

帰ってきたらまずうがい

花粉症の喉のかゆみ対策には、基本的なうがいを徹底するようにしてください。

うがいというと、ガラガラペッと、短時間で終わらせてしまう人も多いですが、正しいうがいの仕方をご紹介します。

  • 1.口の中だけで口の中の花粉を取り除くイメージでうがいをする
  • 2.上を向いて、喉の奥まで届くように15秒ほどガラガラうがいをする
  • 3.もう1度上を向いてガラガラうがいをする

このように3回に分けてうがいをすることで、効果が上がりますよ。

 

就寝時の環境を整える

寝室は乾燥していませんか?

喉のかゆみは、乾燥によりひどくなってしまいます。

就寝時は無防備になりますので、部屋の環境を整えてください

 

例えば、

  • 加湿器を使用して空気の乾燥を防ぐ
  • 空気清浄機で花粉を取り除く
  • 寝る時もマスクをつける

など、就寝時の乾燥と花粉の侵入に気をつけるだけでも、翌朝の症状が変わってきますよ。

 

病院で薬を処方してもらう

のどのかゆみが辛く、予防だけでは対策がままならない時は、耳鼻咽喉科や耳鼻科の受診をおすすめします。

花粉症の症状は個人差が大きいので、専門医に相談し、自分に合う治療法を探すのが1番ですよ。

また、花粉症の市販薬では下記がオススメです。

→花粉症の市販薬おすすめランキング

 

まとめ

花粉症のよる喉のかゆみは、辛い不快感により何事にも集中できなくなってしまいます。

痛みも伴うこともあるので、対策を万全にし、少しでも症状が軽くなるよう努力してみましょうね。

また、その他花粉症の様々な症状と対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症の様々な症状と、それに対する対策まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ