花粉症のピークはいつからいつまで?

2016花粉症のピークはいつからいつまで?

毎年やってくる辛い花粉症・・・。

花粉症のことを考えるだけで、憂鬱な気分になる人も多いでしょう。

心と身体の準備をするために、花粉症のピークはいつからいつまでなのか、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

花粉の種類によって、ピークはズレる

花粉症の原因となる花粉は、スギ花粉、ヒノキ花粉、ブタクサ花粉をはじめ、1年中飛散しています。

多くの人はスギ花粉、ヒノキ花粉に反応し花粉症の症状が現れることから、花粉症のピークは春先に設定されることが多いですが、木の種類によって、微妙にピークはずれてきます

今回は、花粉症の原因となる花粉よ種類別に、ピーク予想をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

スギ花粉のピークは?

まずは1番メジャーなスギ花粉からまとめます。

スギ花粉のピークは、関東地方の人は残念ながら、他の地方に比べて1番ピークは長いとされています。

2月下旬~4月末までと、なんと2ヶ月もピークが続くようです。

 

スギ花粉は早くて1月上旬から多く飛び始める

スギ花粉の反応の早い人は、1月のお正月明けから症状は出始めますので、もうマスクをしている人も少なくないのではないでしょうか。

私もその1人ですが、このままピークになり4月末まで続くと言われてしまうと、もう先が思いやられます・・・。

他の地域では2月下旬~3月下旬がピークとされています。

 

ヒノキ花粉のピークは?

続いて、スギ花粉より少し遅めにピークがくるのが、ヒノキ花粉です。

関東地方ではピークが長く、3月中旬~4月下旬まで九州地方では3月中旬~4月中旬その他の地方では4月上旬~下旬までとされています。

個人的な感想ですが、ヒノキ花粉はスギ花粉に比べて目のかゆみが強く表れるので、目のかゆみが我慢できなくなると、「ヒノキのピークの時期だな」と、勝手に毎年感じながら苦しんで過ごしています。

 

ブタクサ花粉のピークは?

ブタクサ花粉も強いアレルギー症状が出る花粉として有名ですが、季節は春先ではなく、夏から秋にかけて多く飛ぶ花粉です。

Sponsored Link

7月下旬頃から徐々に飛び始め、ピークとしては8月下旬~10月上旬までとされています。

私はブタクサ花粉の花粉症ではありませんが、スギもヒノキもブタクサも反応する人って、1年のうちほんの少ししかマスクなしで過ごせないんですね・・・。

 

イネ花粉のピークは?

スギ花粉、ヒノキ花粉のあとはイネ花粉です。

イネ花粉は名前の通り、イネの花粉です。

 

ピークは関東地方で5月上旬~6月中旬と長く、東北地方では5月下旬~6月上旬とされています。

同じ時期、その他の地域でもイネ花粉は飛んでいますが、それほど多くはないようです。

 

花粉症のピークを知ったら、対策を万全に

自分の花粉症のピークを知ることができたら、次は対策です。

花粉症対策では、初期治療が大切と言われています。

 

具体的には、花粉が飛び始める2週間ほど前から、薬を飲み始めると効果的です。

弱い薬を2週間前から飲み始めることで、花粉が本格的に飛び始めた後の症状に差が出てくるのです。

花粉の飛び始めが分かったら、初期治療を始めましょうね。

 

花粉症の薬の強さに関しては、下記の記事で詳しくご説明しています。

→花粉症の薬、強さランキング

 

沖縄と北海道には花粉症がない?

関東地方の人は3ヶ月も花粉症に苦しむ人がいるのに対して、沖縄と北海道には花粉症がないらしいです。

理由は簡単で、花粉症の原因となるスギがほとんどないからです。

 

北海道に友人がいますが、「花粉症はないよ」と、本当に話していました。

羨ましいかぎりですよね・・・。

関東地方に住む私としては、花粉症シーズンは沖縄か北海道に移住してしまいたいくらいです。

 

まとめ

以上、花粉症のピークをまとめてみました。

花粉症には早め早めの対策が効果的とされています。

花粉が飛び始める前に薬を飲み始めるなど、花粉症対策は万全にし、春を迎えたいものですね。

 

また、その他の具体的な花粉症対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症対策に関する情報まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ