花粉症、咳(せき)のみの場合の対処法3選

花粉症、咳のみの場合の対処法3選

せっかく暖かくなってきても、春は花粉症の人には辛い辛い季節ですよね。

花粉症の症状も様々ですが、その中でも「咳」に悩まされている人も多いようです。

そこで今回は、花粉症の症状が咳のみの場合の対処法3選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

花粉症で咳が出る場合

花粉症で咳が出てしまうのは、花粉によるアレルギー反応が原因です。

私の場合、鼻も目ものどもやられてしまい咳も出ることがありますが、咳のみの症状はほぼありません。

 

鼻水、鼻づまり、のどのかゆみの後、咳が出てきます。

のどに付着したか花粉への防衛手段として、咳が出る仕組みです。

花粉症の人の多くは、このような症状なのではないでしょうか?

 

咳のみの場合「咳喘息」の可能性が大きい

普段は喘息ではないのに、花粉症のシーズンだけ咳が多く出る人は、咳喘息(アレルギー性気管支炎)の可能性が高いです。

普通の喘息は、「慢性的な咳で呼吸困難を伴うこともある」のに対し、咳喘息は、「一定の時期だけ咳が出続ける」特徴があります。

風邪をひいた時に出る咳と似ていることから、風邪と勘違いしてしまう人も多いですが、咳のみが長く続く場合、咳喘息を疑いましょう。

 

咳喘息の原因

咳喘息の原因は、花粉によるヒスタミンの増加と、のどの乾燥です。

ヒスタミンは花粉症の原因物質です。

花粉により目や口、のどなどが非常に敏感になっています。

 

そして花粉症のシーズンは、空気も乾燥しています。

鼻の通りも悪いため、口呼吸になりがちになり、そしてのどが乾燥してしまうのです。

この状態は、非常にアレルギーが出やすい状況と言えます。

 

花粉症での咳のみの症状への対処法

 

基本的な花粉症対策

花粉によるアレルギーで、のどは大変敏感になっていますので、基本的な花粉症対策を怠らないようにしましょう。

  • 花粉症シーズンに入る前に、薬を飲み始める
  • マスクを常にする
  • 花粉を部屋に入れないようにする

などは当然行ってください。

Sponsored Link

 

花粉症の症状を軽くすればするほど、咳喘息にもなりにくくなります。

また即効性を求めるのであれば、少し強い薬を使うのもひとつですね。

→花粉症の薬、強さランキング

 

のどの乾燥を防ぐ

のどは乾燥するほど、アレルギー反応も出やすくなります。

乾燥はのどの大敵ですので、

など、乾燥対策をしましょう。

 

このように、花粉症から来る咳喘息は、まず咳喘息の元となる花粉症対策を万全にすることを意識してください。

花粉症シーズンに「咳だけだからまあいいか」などと症状を放っておいてしまうと、悪化した場合に慢性的な喘息になってしまう恐れがあります。

 

慢性的になってしまうと、いざ治したい時の治療も長引きますし、なかなか治らない可能性も出てきます。

治療を後回しにしてもいいことはありませんよ。

 

自己判断はせず、病院へ

脅かすわけではありませんが、咳が止まらない症状が続く場合、咳喘息以外にも恐い病気が隠れている場合もあります。

また一時的な咳止めの薬を飲んでも、根本のアレルギーを改善しなければ症状はずっと続きます。

なので、気になったらすぐに病院へ行きましょうね。

 

まとめ

花粉症シーズンに「咳のみが止まらない」と感じたら、咳喘息を疑ってください。

たかが咳ですが、止まらないと辛いですし、他の病気も潜んでいるかもしれません。

 

早めの受診で辛い咳とおさらばして、快適な春を迎えたいですね。

また、その他花粉症の様々な症状と対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症の様々な症状と、それに対する対策まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ