花粉症の症状、咳(せき)の対処法5選

花粉症の症状、咳の対処法5選

花粉症といえば、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが有名な症状ですが、実は辛い咳で悩んでいる人も多いんです。

風邪でもないのに咳が止まらないなんて辛いですよね・・・。

今回はそんな花粉症の症状、咳の対処法5選について解説します。

Sponsored Link

 

辛い花粉症の咳

私も花粉症の症状がひどい方なので、毎年花粉症シーズンには、辛い咳にも悩まされます。

目のかゆみ、鼻水ももちろん辛いのですが、花粉症が原因の咳というのはずっと風邪をひいているような感覚で、さらに長い期間続いていくので、とても辛いです。

花粉症の咳に悩む人は、想像以上に多いのではないでしょうか。

 

花粉症の症状で、咳が出る原因

そもそも、なぜ花粉症で咳が出るのでしょう?

分かりやすくお話しすると、喉に花粉が付くとアレルギー反応が起こってしまいます。

その付着した花粉に対する防衛機能が「咳」です。

 

また花粉症による鼻水が、喉の方へ流れてしまうことも多いでしょう。

そのため、喉から出そうと咳が出るのです。

その証拠として、寝る姿勢になると鼻水が喉に流れやすくなるため、咳が多く出ませんか?

 

花粉症のつらい咳対策

マスク

咳の原因となる花粉の侵入を防ぐため、マスクは必須です。

薬を飲んで症状が軽い場合も、マスクをしなければ大量の花粉を吸っていることには変わりませんので、夜中などに薬が切れた時は咳が止まらないことがあります。

 

また、喉の乾燥も咳が悪化する原因となりますので、乾燥防止のためにもマスクは必需品ですよ。

2重マスクはさらに効果を増しますよ。

 

喉スプレーや薬を飲む

即効性を求めるのであれば、喉スプレーや薬に頼るのが手っ取り早いです。

今は花粉症の咳対策になる市販薬や喉スプレーもたくさんありますし、簡単に手に入れることができます。

※ちなみに花粉症の薬に関しては、下記の記事にまとめていますのでチェックしてみてくださいね。

→花粉症の薬に関する情報まとめ

 

とにかく喉の乾燥に気をつける

花粉症の咳は、喉が乾燥するとひどくなってしまいます。

Sponsored Link

なので喉飴を舐めたり、生姜湯緑茶などを飲むと、喉の乾燥を防げますよ。

 

そして春先も空気は乾燥していますので、部屋の湿度を上げることも大切です。

そこで加湿器を使いましょう。

 

もし加湿器がない場合は、洗濯物を室内に干すだけでも違いますよ。

(もっとも、花粉症がひどい人は室内干しが常識ですが・・・)

また、こまめな水分補給も忘れないでくださいね。

 

咳が苦しくて眠れない時、上体を起こして眠る

花粉症の咳が止まらず、夜なかなか眠れない人も多いでしょう。

そんな時は大きなクッションを枕代わりにして、上体を少し起こして寝ると効果的です。

花粉を含んだ鼻水が喉に落ちるのを防げば、咳が軽くなることが多いですからね。

 

また少し状態を起こすのが難しい場合も、仰向けより横向きの方が気道も通りやすくなるので、試してみてください。

※もし鼻水の症状が辛いのであれば、点鼻薬がオススメですよ。

→花粉症の市販点鼻薬おすすめランキング

 

1番の対策は耳鼻咽喉科・耳鼻科で診察すること

花粉症の咳の症状は、花粉症シーズン中ずっと続いてしまいます。

春先は大事な行事も多い時期ですし、咳が止まらないと辛いことばかりですよね。

1番の対策は、耳鼻咽喉科で診察を受け、自分に合う薬の処方や治療をすることです。

 

まとめ

辛い花粉症の咳について、まとめてみました。

咳が続くことで、寝不足や集中力の低下など、生活に支障も出る場合があります。

 

我慢できないほど辛いのであれば、どうにか対策して少しでも改善できるよう努力してみてください。

毎年春はやってきますので、事前の準備もしておくとよいですよ。

 

また、その他花粉症の様々な症状と対策に関する情報は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→花粉症の様々な症状と、それに対する対策まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ