花粉症の予防接種3種類の詳細・受ける時期・費用

花粉症の予防接種について解説!

花粉症対策として予防接種があることはご存知でしたか?

今回は、花粉症の予防接種3種類の詳細・受ける時期・費用について解説していきます。

Sponsored Link

 

花粉症の予防接種の種類

現在、花粉症の予防接種は3種類ありますので、それぞれについて解説していきます。

 

ステロイド注射

ステロイド注射は、

  • 1シーズン1回だけの注射
  • 花粉症の症状が出ていても効果がある

という強い注射です。

アトピー性皮膚炎の治療に使われることでも有名です。

 

花粉症の主な症状であるくしゃみや鼻水、鼻づまりや目のかゆみが劇的に改善され、打った翌日に効果が見られるほどです。

そして注射の効果は、1~3か月ほど持続します。

 

副作用

ステロイド注射の副作用としては、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 生理不順
  • 免疫力の低下
  • 血糖値の上昇
  • 内臓疾患
  • 糖尿病

など、数多く挙げられます。

ステロイド注射は1回だけの注射で、なおかつ即効性がありますが、副作用も強いです。

なのでステロイド注射を検討している場合は、一度病院で先生に相談してみてください。

 

アレルギー物質注射

アレルギー物質注射は、特定のアレルゲン(スギの花粉症ならスギ花粉)を少量注射して、体の免疫力上げ、花粉症の症状が出ないようにしていきます。

別名「減感作療法」と呼ばれています。

 

ステロイド注射が1回で済むのに対し、アレルギー物質注射は徐々に量を増やしていきますので、

  • 何度も通院が必要(1年以上継続する場合もある)
  • 即効性は期待できない

という特徴があり、花粉症の根本的な治療のための注射となります。

 

副作用

アレルギー物質注射は副作用がほとんどありません

強いて言うなら注射箇所が赤くなるくらいなので、アレルギー物質注射は、お子様などでも受けられるものが多いです。

 

ヒスタミン注射

ヒスタミン注射は、アレルギー物質注射のように特定のアレルギーではなく、幅広いアレルギーに対して免疫が上がるものを注射していきます。

Sponsored Link

別名「非得意的減感作療法」と呼ばれています。

 

花粉症の他にハウスダストなどのアレルギーがある場合に有効な注射で、

  • 注射の回数は3回~12回程度
  • 期間は3~4カ月程度

となります。

 

副作用

ヒスタミン注射ですが、こちらも副作用は少ないです。

ただしまれに、

  • 眠気
  • めまい
  • 頭痛
  • 嘔吐

などの症状が出ることがあります。

 

3種類のうち、どの予防接種を受けるべきなのか?

ここまで解説してきました、

  • ステロイド注射
  • アレルギー物質注射
  • ヒスタミン注射

この3種類のうち、どの予防接種を受けるべきなのでしょうか?

それは自己判断せずに、病院で相談して決定するようにしましょう。

 

あなたの花粉症の症状と照らし合わせて、下記の科を受診するようにしてください。

  • 鼻や喉の症状が出る:耳鼻科・耳鼻咽喉科
  • 目の症状が出る:眼科
  • 肌に症状が出る:皮膚科

 

花粉症対策で予防接種を受ける時期は?

花粉症の予防接種を受ける時期ですが、一般的には、

  • 花粉症の症状が出る2週間前に受ける

と言われています。

 

ただし、この日程を特定するのは、難しいですよね。

花粉症は、早くて1月のお正月明けあたりから、症状が出る人もいます。

なので、予防接種は12月くらいに受けておくとよいでしょう。

 

花粉症の予防接種の費用は?

花粉症の予防接種の費用ですが、おおよそ

  • アレルギー物質注射とヒスタミン注射で1回500円程度
  • ステロイド注射で1回1,000円

これくらいの金額です。

 

多少病院によっても誤差はありますが、相場はこのくらいと考えておいて下さい。

回数を考えるとステロイド注射が経済的ですが、副作用を考えると、アレルギー物質注射やヒスタミン注射の方が安心です。

 

まとめ

以上、花粉症の予防接種3種類の詳細・受ける時期・費用について解説しました。

今回の記事をご覧いただいて予防接種を受けたいと思われた場合は、あなたの症状に合った科で、先生に相談してみてください。

また、その他の具体的な花粉症対策に関する情報は、下記にまとめています。

→花粉症対策に関する情報まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ