カメムシの対策7選

カメムシの対策7選

ふと窓の外を見たら、知らない間に網戸などにくっついているカメムシ。

特に9月~11月には大量発生します。

そんなカメムシの被害に遭わないために、今回は日頃からできる対策7選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

カメムシの対策

カメムシ用のくん煙剤や忌避剤を使う

現在、カメムシ対策用の薬剤はたくさん売っています。

例えばくん煙剤は、一度に広範囲を殺虫できるため、急ぎで対策をしたい場合には効果的です。

 

また、「カメムシいやよ〜」という面白いネーミングの忌避剤は、個人的にオススメです。

カメムシが発生しそうな場所に吊るしておくだけで、予防対策になりますので。

雨にも強く、野外でも使えるので、家の周りに数カ所吊しておくといいですよ。

 

窓を開けっ放しにしない

カメムシ対策の基本ですが、空気の入れ替えなどで窓を開けている時間が長いと、突然カメムシが飛んでくることがあります。

窓枠などにカメムシが止まっている場合は、窓を開ける音や振動にびっくりして飛ぶのです。

なので窓を開ける際は、網戸にカメムシがいないか確認して、開けたらすぐ閉めるようにしてくださいね。

 

侵入経路を塞ぐ

室内でカメムシに出会わないためには、とにかく侵入経路を塞ぐ対策が必要です。

窓を開けていないのにカメムシを室内で見かけた場合、必ずカメムシが入れる隙間があるはずです。

 

なので、電化製品の作動や生活に支障がない程度に、換気扇やエアコン周り、天井裏、給排気口を確認して、ネットや隙間を埋めるテープなどで塞ぐ対策を取ってください。

Sponsored Link

 

ミントを使う

ミントの香りは、カメムシにとって不快な臭いのため、カメムシ対策には効果的です。

なので、窓際に小さな植木鉢でミントをいくつか並べてみたり、庭で育ててみるのもいいでしょう。

 

窓枠やカーテンにミントスプレーをしておく

先ほどのミントを育てるのが難しいという方は、手作りミントスプレーで代用ができます。

具体的には、市販のハッカ油を水に数滴垂らし(ハッカの臭いがしっかり確認できる程度)、ミント水を作ります。

 

スプレー容器に移し替え、窓枠やカーテン、玄関先にスプレーしておきます。

ちなみに友人の話しでは、食器洗い洗剤の「ママレモン」を薄めてスプレーしたところ、こちらでも効果があったそうです。

 

洗濯物を取り込む際、付着していないか確認

カメムシは白い衣服など、明るい色や場所を好んで集まってきます。

よく聞くのが、洗濯物を干していると、白い下着などに隠れてくっついていることが多いという話しです。

またお天気のいい日は、白い衣服にくっついて、ひなたぼっこしている時もあります。

 

なので洗濯物を取り込む際は、面倒でもカメムシがいないか目視したり、軽く振ってみたりして、室内に一緒に入れてしまわないように対策しましょう。

どうしてもカメムシが心配なようであれば、室内干しをおすすめします。

 

植物の葉の裏を確認してみる

家庭で大事に育てている植物、そんなことも知らずにカメムシは葉の裏に卵を産みつけます。

特に庭にある植物は、日頃から葉の裏に卵がないかチェックすると、十分なカメムシ対策になります。

 

もし卵を見つけた場合、その葉をちぎって、すぐに処分してください。

カメムシは、セリ科やマメ科の植物を好んで卵を産みますので、お庭でそれらの植物を育てている方は、植物ごと処分するのもよい対策法ですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カメムシの対策には、まずカメムシが嫌いな環境を作って、寄せ付けないことが大切です。

 

ぜひ行えそうなものから、試してみてくださいね。

また、残念ながらカメムシの臭いがついてしまった場合には、下記記事を参考にしてみてください。

→カメムシの臭いの取り方8選

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ