カンジダが治るまでの期間はどのくらい?

カンジダが治るまでの期間はどのくらい?

女性が発症することが多いとされるカンジダ症。

一度発症すると、治るまでどれくらいの期間がかかるのでしょうか?

Sponsored Link

 

カンジダ症とは?

カンジダ症とは、人間の身体に存在する常在菌であるカンジダ菌が、特定の条件が整うことで増殖し、症状を引き起こす病気です。

主に女性の病気と言ってしまってもよいくらい、女性の患者が多い病気としても知られます。

 

一般に「カンジダ症」と呼ぶ場合、女性器に症状が出る「膣カンジダ症」を指すことが多いです。

しかし、男性にもカンジダ症の症状が現れることはあります。

 

カンジダ症の症状

健康な女性の膣は、様々なホルモンや常在菌によってバランスが保たれており、外から侵入してくる菌に対しても免疫力を発揮するため、発症することはありません。

しかし、妊娠により膣内のph値が変化したり、免疫力が低下したりすると、そのバランスが崩れ「カンジダ症」を発症することがあります。

 

他の原因としては、糖尿病であること、ステロイド剤を使用していること、抗生物質やピルなどを使用していること、などが挙げられます。

発症すると、外陰部やその周辺に激しい痒みが生じます。

 

また膣から「クリーム状」「カッテージチーズ状」と称される、独特の特徴を持ったおりものが増えてきます。

外陰部にひりひりした焼けつくような痛みを感じ、排尿障害や性交痛に見舞われます。

Sponsored Link

そして放置すると、炎症が悪化し慢性化を招くことがありますので注意してください。

 

カンジダ症の治療

女性の場合、病院で膣洗浄を行い、膣錠を挿入してカンジダ菌の繁殖を抑え、症状の改善をはかります。

毎日入れるものと、7日に一度程度でよいものの2種類があります。

 

また、外陰部に塗布する軟膏やクリーム、内服薬などを使用することもあります。

治療中は患部の清潔を保ち、通気性のよい下着をつけるよう注意しましょう。

 

男性の場合も、女性の場合と同じ抗真菌薬の軟膏・クリームを治療に用います。

そして治るまでは、性交渉を控えた方がよいでしょう。

 

カンジダ症が治るまでにはどのくらいかかる?

女性の膣カンジダ症は、10日間連続で治療を行います。

4~5日で症状は治まることが多いですが、自己判断で治療を中断させてはいけません。

 

医師の指導通り治療を続けて、菌の活動を完全に抑えましょう。

カンジダ症は、治療開始から10日~2週間で、完全に治癒すると言われています。

 

ただ、上に述べた通り、カンジダ菌は常在菌ですので、症状が感染におさまった後も、油断は禁物です。

局部の清潔を保ち、免疫力をアップさせるよう、食事や睡眠に気を配りましょう。

 

妊娠中にカンジダ症を発症した方は、菌が産道に残っていると、出産時に赤ちゃんが感染してしまう場合がありますので、再発しないよう注意が必要です。

 

まとめ

カンジダ症は、常在菌が引き起こす病気で、決して特殊な病気ではありません。

疑わしい症状がある場合は、早めに病院で診てもらうことをお勧めします。

婦人科・性病科・泌尿器科・皮膚科などで相談に乗ってもらえますよ。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ