空咳の原因10個と対処法6選

空咳の原因10個と対処法6選

風邪は治ったのに、咳だけが長引く事はありませんか?

空咳は、痰は出ないが咳だけが出る状態ですが、空咳は風邪以外の病気の可能性があります。

そこで今回は、空咳の原因10個と対処法6選についてご紹介していきます。

Sponsored Link

 

空咳の原因

ウイルスによる感染

インフルエンザや風邪などのウイルス感染による病気で、喉が痛くなる症状を伴う時に空咳が出ることがあります。

ウイルス感染により、喉が炎症で荒れてしまうので、少しの刺激でも空咳が出てしまうのですね。

 

乾燥

風邪を引いていない時の空咳で、多い原因は乾燥です。

空気中が乾燥したり、エアコンなどを使用すると、肌が乾燥するのと同じように、喉も乾燥します。

 

乾燥している喉は刺激に弱く、また体の外から入ってくる異物などにも敏感に反応するので、異物を出そうと空咳が出ます。

 

アレルギー

ハウスダウトやダニ、また花粉など、アレルギーに関係する物質は多く空気中に存在します。

アレルギーを持っている場合、そのアレルギー物質が鼻や口から喉に入ると、喉では体の外に出そうとして空咳を出します。

花粉症の咳の対処法については、下記をご覧ください。

→花粉症の症状、咳(せき)の対処法5選

 

結核

結核は、痰を伴う咳も出ますが、一度症状が軽くなって、また空咳だけが出ることがあります。

結核の原因は、結核菌が体に入って起こりますが、空気感染するので、知らないうちに感染していることもあります。

 

咳喘息

咳喘息は、一般的な気管支喘息の特徴である「ヒューヒュー音」が、息をする時に聞こえません。

夜にひどくなるので、空咳が夜にひどくなる場合は、咳喘息を疑ってください。

 

自然気胸

自然気胸は、肺に穴が開いて、胸腔と呼ばれる体の空間に、空気が溜まってしまう病気です。

自然気胸では、空咳の他に、胸に激痛があります。

 

間質性肺炎

間質性肺炎とは、肺の中の肺胞間にある「間質」という所に炎症が起こる病気です。

原因は、

  • マイコプラズマ細菌
  • 粉塵の刺激
  • 薬の副作用

など様々です。

間質性肺炎にかかると、初期に空咳が出ます。

 

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは、喫煙が原因で、肺の細胞が壊されてしまう病気です。

Sponsored Link

空咳だけでなく、痰を伴う咳も出ます。

重症になるまでに何年もかかり、ゆっくり進行していく病気です。

 

肺癌

肺癌の初期症状は、空咳と言われています。

初期の頃は、空咳の他、風邪によく似た症状を示します。

進行してくると、苦しくなるぐらいに咳が出たり、血の混ざった痰が出るようになります。

 

そして肺癌は、喫煙者に多い癌です。

喫煙者で、長く続く空咳や血の混ざった痰が出たら、すぐに病院を受診して下さい。

 

ストレス心因性咳

ストレスが原因で空咳が出る事もあります。

この場合は、検査をしても異常もなく、特定の原因が見つかりません。

 

空咳の対処法

乾燥を防ぐ

空咳の原因の1つである乾燥は、加湿をすることで対処できます。

室内にいるなら、加湿器を付けたり、お風呂に入る時は換気扇を回さないなどの対策をして下さい。

 

マスクをする

マスクは乾燥対策にも有効ですし、空咳の原因でもある、ウイルスやアレルギー物質が体に入ってくるのを防ぐことが出来ます。

マスクは、自分の顔のサイズに合ったものを選んで、鼻と口をしっかり覆って使用して下さい。

 

禁煙する

喫煙は、COPDや肺がんなど、肺にとって重い病気をもたらす原因です。

なので、空咳の対策だけでなく、自分の体のためにもぜひ禁煙してくださいね。

 

温かい飲み物を飲む

体を冷やすと、空咳は出やすくなります。

また喉が乾燥すると、弱い刺激でも空咳が出やすくなりますので、喉の保湿と体を温めるために、温かい飲み物を飲みましょう

 

おすすめの飲み物は、ホットレモンや生姜紅茶など、喉の痛みや炎症に効果がある飲み物です。

※参考記事:喉の痛みに効く飲み物7選

 

喉に良い食べ物を食べる

喉に炎症があったり、荒れていたりすると、空咳が出ます。

つまり、喉の炎症や荒れを和らげると、空咳は抑えられます。

 

そこで、

  • 蜂蜜
  • 生姜
  • 大根

など、喉の炎症や痛みに効果がある食べ物を食べるようにしてみてください。

 

薬を飲む

空咳を鎮めるには、薬を飲む事も有効です。

咳止めに効果がある薬は、錠剤や粉薬、シロップ剤など種類も多いですし、たくさん市販されていますので、薬剤師に相談して、自分の症状に合った薬を見つけてください。

 

ただし、紹介したように空咳の原因によっては、薬の効かない場合もありますので、注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたか?

軽く見がちな空咳ですが、深刻な病気の初期症状の可能性もあるんですね。

空咳が出たら、他の症状も併せて判断し、思い当たる病気があれば、早めに病院を受診することをおすすめします。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ