カツオブシムシの駆除方法7選

カツオブシムシの駆除方法7選

衣類を食料として繁殖していくカツオブシムシですが、特にカシミアなどの高級繊維が大好物です。

大切な洋服が被害に合うと、かなりショックですよね・・・。

そこで今回は、カツオブシムシの駆除方法7選についてご紹介します。

Sponsored Link

 

カツオブシムシの駆除方法

熱処理する

カツオブシムシは熱に弱く、65度以上の熱を与えると死滅します。

これはカツオブシムシの成虫、幼虫、卵全てに対して効果があります。

 

方法としては、衣類の隅から隅まで熱湯をかけたり、アイロンをかけることです。

また、クリーニングに出すのもおすすめですね。

 

プレスの際に高熱処理するため、カツオブシムシを駆除することができます。

虫食いされた衣類を見つけたら、早めにこれらの駆除方法を取り、大量発生を防ぎましょう。

 

殺虫剤を使う

殺虫剤の成分である、合成ピレスロイドがカツオブシムシを撃退します。

合成ピレスロイド系殺虫剤は、虫全般に効くと言われており、神経細胞に入り込み麻痺、痙攣させて死に至ります。

 

ただし、合成ピレスロイド系配合の殺虫剤を使用する場合には注意が必要です。

人体には影響がほぼないとされていますが、正しい使い方をしないと頭痛、吐き気、めまいなどの症状が出たり、化学性肺炎を発症したりする危険性もあります。

 

防虫剤を使う

カツオブシムシが生息している所に、防虫剤を使うのもおすすめです。

中でも、「ミセスロイド 引き出し・衣装ケース用 無香タイプ」がおすすめですね。

 

その理由は、含有されている防虫成分のプロフルトリンが比較的揮発性が高く、ガスとなって漂うため、タンスや衣装ケースなどの閉ざされた空間での効果が高いためです。

すぐの駆除効果はありませんが、防虫剤の匂いが付いた衣類を嫌うため、そこから出て行ったり、食べるものがなくなって死んだりするのを待つという駆除方法です。

Sponsored Link

 

天然成分を使う

乳幼児やペットがいるご家庭など、殺虫剤などを大量に使ったり、直接振りかけるのを避けたい場合には、天然成分のものもおすすめです。

先ほどご紹介したピレスロイドは、除虫菊に含まれるピレトリンという成分に似せて作られた化合物です。

 

ということは、天然の除虫菊から作られたスプレーなどは、殺虫効果があるということなんですね。

また、ペパーミントも虫全般が嫌う匂いですので、アロマオイルやハーブとして使ってみるのも良いでしょう。

 

地道に捕獲する

カツオブシムシは成虫になると、衣類などの繊維に卵を産みつけた後は外に出て行きます。

卵は孵化して幼虫になると、繊維を食べながら約1年かけて大きくなります。

 

つまり、目につきやすい成虫になる前は、衣類などに潜んでいて発見しづらく、その前に衣類が被害に合うのです。

ですので、見つけたら地道に捕獲し、他にいないかをくまなく探すことも大事ですね。

 

掃除をする

カツオブシムシは衣類に生息する他、部屋の中のホコリやゴミ、また髪の毛やペットの体毛などをエサにして繁殖します。

また、特に汗などの皮脂や食べカスが付着したものを好みます。

 

そのため、カツオブシムシがいることが分かったら、徹底的に部屋の掃除をして、エサとなるようなものを排除しましょう。

エサがなくなれば、見つからないカツオブシムシ達もいずれ餓死します。

こちらも地道な駆除方法ですが、効果はありますよ。

 

カツオブシムシを家に入れない

どんなにカツオブシムシを駆除したとしても、成虫は外から入って来ます。

ですから、カツオブシムシを駆除した後は、成虫を家に入れないことが重要です。

 

そのためには

  • 家の出入り口や窓を開けっ放しにしない
  • 洗濯物を取り込む時には虫がついていないか確認する
  • 外から帰宅した時に洋服についていないか確認する

これらがポイントです。

成虫が入って来なければ、衣類に卵を産みつけられることがないため、被害に遭わずに済みますよ。

 

まとめ

以上、カツオブシムシの駆除方法7選についてご紹介しました。

カツオブシムシは一度発生してしまうと、なかなか手強いです。

熱に弱いというのが一番の弱点ですので、大切な洋服は一度クリーニングに出して、防虫剤を置いた所で保管するのが最適だと思います。

 

また、殺虫剤や防虫剤を適宜使うようにすると効果がありますよ。

そして、まずカツオブシムシを発生させないよう、下記の記事を参考にしてみてください。

→カツオブシムシの対策7選

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ