毛虫による湿疹、毛虫皮膚炎の対処法7選

毛虫による湿疹、毛虫皮膚炎の対処法7選

毛虫は見た目が気持ち悪いだけでなく、触れるだけで湿疹や皮膚炎になる恐れがあり、とても厄介ですよね・・・。

そこで今回は、毛虫による湿疹、毛虫皮膚炎の対処法を7選について、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

毛虫皮膚炎の対処法

毛虫皮膚炎になると、皮膚に湿疹が出たり、かゆみや痛みも伴って、徐々に広範囲に広がり悪化していきます。

そんな時は、一刻も早く、症状を治めたいですよね。

そこで次に、毛虫皮膚炎の対処法について、ご説明していきます。

 

明らかに毛虫に刺された場合は、毒毛を取り除く

明らかに毛虫に刺されてしまった場合は、皮膚に毛が残っている可能性があります。

なので、ガムテープなど粘着性のあるもので、皮膚から毛虫の毛を取り除いてください

ピンセットがあればベストですが、なかなか持ち歩いている人はいませんよね・・・。

 

何もない場合は、水で洗い流すことも効果的です。

毛が残っていると、炎症が広がり、かゆみの範囲もどんどん広がってしまいますので・・・。

 

かきむしらない・こすらない

毛虫に刺されると、強烈なかゆみから、つい患部をこすったりかきむしったりしてしまう人は多くいます。

しかし刺激すればするほど、毒毛が皮膚の奥に入り込んだり、炎症が拡大して症状はひどくなります。

なので辛いですが我慢して、患部はかきむしったり、こすらないようにしてください。

 

冷やす

毛虫皮膚炎の応急処置方法として、冷水などで冷やすことも効果的です。

皮膚の炎症が広がることを防げますし、かゆみや痛みを抑えることもできます。

 

皮膚科を受診

身体に湿疹は表れている場合は、上記の応急処置を済ませたら、皮膚科を早めに受診しましょう。

Sponsored Link

皮膚科ではステロイド軟膏を処方されることがほとんどで、症状がひどい場合は内服薬も使います。

毛虫皮膚炎の湿疹は、通常は1週間~1ヶ月で治りますが、ひどい場合は赤みが消えるまでに2ヶ月以上かかるケースもあります。

 

肌を刺激する衣類を避ける

セーターなど繊維の毛羽立つ衣類は、毛虫皮膚炎の患部を刺激し、かゆみを増発させる傾向があります。

なので症状が治まるまでは、なるべくそのような衣類は避け、刺激を避けるようにしてください。

 

入浴時、ゴシゴシ洗わない

毛虫皮膚炎になった場合もお風呂は問題ないですが、患部は石けんで軽く洗う程度にしてください。

かゆい場合どうしても、ゴシゴシと洗ってすっきりしたくなりますが、炎症が悪化する原因になりますので、軽く洗い流す程度にしましょう。

また熱すぎるお風呂に浸かると、かゆみを感じやすくなりますので、注意してくださいね。

 

毛虫に触れた可能性のある衣類は必ず洗濯する

毛虫に触れた衣類には、毛虫の毒毛が付着していることが多いので、きちんと洗濯して洗い流す必要があります。

毛虫皮膚炎は、直接毛虫に触れる以外でも、抜けた毛虫の毒毛に触れるだけで湿疹などが表れることもあるので、しっかり洗濯をしてから収納するようにしましょうね。

 

まとめ

毛虫による湿疹、毛虫皮膚炎は、毛虫のいる場所へ行けば誰でもなりうる症状です。

症状の出始めには、応急処置として毒毛を取り除くことを優先しましょう。

 

その後は皮膚科を受診し、処方された薬を使って完治を目指します。

辛いかゆみが伴いますが、きちんと対処をしていれば、必ず症状は改善されますよ。

 

また、毛虫自体の駆除方法については、下記の記事も参考にしてみてください。

→ 毛虫の駆除方法4選

そして、その他「毛虫」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→毛虫に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ