毛虫で大量発生する種類と原因4つ

毛虫で大量発生する種類と原因4つ

1匹の毛虫でも嫌なのに、毛虫の大量発生なんて見たくもありませんよね・・・。

毛虫はどうして大量発生するのでしょうか?

今回は、毛虫で大量発生する種類と原因4つについて、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

大量発生しやすい毛虫

毛虫の中には、「大量発生しやすい毛虫」がいますので、まずは種類を挙げていきますね。

 

アメリカシロヒトリ

アメリカシロヒトリは、桜の木に大量発生する毛虫として有名です。

アメリカシロヒトリの成虫は卵を500個以上産むことが多く、幼虫のうちは固まって生活をします。

 

毒はないので、人体に直接的な被害はないのですが、1本の樹木に大量発生すると、葉っぱがほとんどなくなってしまいます。

また、大量発生してぎっしりと群がっている姿は、気持ち悪いとしかいいようがありません・・・。

 

マイマイガ

大量発生する毛虫として、マイマイガが有名ですね。

マイマイガの幼虫は典型的な毛虫の形をしていて、木からぶら下がっている様子がよく見られるため、「ブランコケムシ」とも呼ばれています。

 

卵が大量に産みつけられた箇所には、孵化するとうじゃうじゃととても気持ち悪い光景が広がります・・・。

10年周期で大量発生する傾向があると言われています。

 

チャドクガ

チャドクガは、ツバキやサザンカによく大量発生する毛虫です。

垣根に大量に発生している姿を、見たことのある人も多いのではないでしょうか?

 

1枚の葉っぱに、ぎっしりとくっついている様子は、鳥肌ものです・・・。

毒を持ち、触れると湿疹などの症状が表れるため、触らないように注意が必要です。

 

クスサン

栗やクヌギ、イチョウの木に大量発生しやすいのが、クスサンという毛虫です。

毛虫のうちも気持ち悪いのですが、成虫の蛾になるとさらに気持ち悪いです・・・。

(個人的な感想ばかりで申し訳ないですが・・・)

北海道などで、大量発生のニュースもよくあるほど、クスサンの大量発生に悩んでいる人は多いでしょう。

Sponsored Link

 

毛虫が大量発生する原因

大量発生しやすい毛虫には、どんな種類のものがいるか分かりましたが、なぜ毛虫は大量発生してしまうのでしょうか?

次に原因を挙げていきます。

 

天敵が減ったから

毛虫の天敵として、スズメバチや鳥類が存在しますが、天敵が減ってしまうと、毛虫の大量発生の原因になります。

 

卵を大量に産みつけるから

そもそも、毛虫は卵を1カ所に大量に産みつけます

葉っぱの裏にまとまったつぶつぶがあれば、毛虫の卵の可能性が高いです。

 

私も実際に、葉っぱの裏に卵が産みつけられた状態を見たことがあるのですが、綺麗に均等に産みつけられていたので、毛虫の卵だと気がつきませんでした。

その場所から孵化することで、産まれたばかりの毛虫は必然的に近くに固まり、大量発生している状態になります。

 

大量に産まれないと、成虫になれないから

毛虫は鳥や蜂などの、大切な食料です。

素早く動くこともできないので、天敵に狙われればすぐに食べられてしまうのです。

 

そのため、成虫になる数を少しでも増やすためには、数多く卵を孵化させ、大量発生するしかないと言えるでしょう。

いかに成虫まで生き延びるか、数で勝負しているのです。

 

極端に害虫殺虫剤を多く使っているから

毛虫以外も、害虫と呼ばれるものはたくさん存在します。

蜂やクモやカマキリなどの虫は、毛虫を補食しているのですが、殺虫剤の中には、毛虫に効きにくいものもあります。

 

「庭の手入れはこまめに行っているのに、どうして毛虫が多いのだろう」と感じている人は、毛虫に効きにくい殺虫剤を使い過ぎたせいで、毛虫を補食している他の虫たちが減ってしまうことで、毛虫が大量発生することも考えられるでしょう。

※毛虫の駆除については、下記の記事も参考にしてみてください。

→ 毛虫の駆除方法4選

 

まとめ

毛虫は大量発生することが多く、目撃してしまうと、「気持ち悪い」と思う人が多いでしょう・・・。

大量発生する原因には、元々卵が多いことが根本にあります。

 

大量発生を少しでも減らせるよう、毛虫の卵を見つけたら、すぐに取り除きましょうね!

そして、その他「毛虫」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→毛虫に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ