毛虫対策8選

毛虫対策8選

暖かくなると、外で過ごす機会も増えますし、緑の中でのアウトドアも魅力的ですよね。

しかし、自然の中に行く時には、毛虫には要注意です。

今回は、毛虫対策8選について、ご説明していきますね。

Sponsored Link

 

毛虫対策

毛虫には触れない

毛虫対策として基本的なことは、「毛虫に触れない」ことです。

小さな子供は虫に興味があることが多く、毛虫にも喜んで触ってしまう子もいます。

しかし、もしその毛虫が毒を持っていたら・・・。

 

子供の柔らかい皮膚はすぐに赤く湿疹だらけになってしまうでしょう。

なので山や森に出かけたら、毛虫に触れないよう、十分注意してあげてくださいね。

 

殺虫スプレーを持ち歩く

毛虫対策に殺虫スプレーは必須アイテムです。

1匹毛虫を見つけたら、他にもたくさんいる可能性がありますので、いつでも駆除できるよう、「ケムシがコロリ」などの殺虫スプレーを持ち歩くと、心強い見方になってくれますよ。

ただし、毒を持つ毛虫には、死骸にも毒は含まれますので、例え死骸でも安易に触ったりしないでくださいね。

 

毛虫刺されに効く軟膏を持ち歩く

気をつけていても、知らない間に毛虫に刺されていることは、けっこうありますよね。

そこで、外出中に毛虫に刺された時、症状をなるべく抑えられるよう、虫刺され専用の軟膏を持っているようにしましょう。

 

市販薬では「ムヒアルファEX」「テラコートリル軟膏」などがおすすめです。

特にキャンプなど、自然の中で過ごす時間が多い場合は、必須アイテムですね。

 

山や森に行く時の服装は、長袖長ズボンで

露出している肌が多いほど、毛虫に刺される危険が多くなります。

なので、山や森など自然の多い場所に行く時の服装は、長袖長ズボンにしてください。

Sponsored Link

 

帽子をかぶる

毛虫は木の上から、前触れもなく落ちてくることがあります。

そんな時、帽子をかぶっていれば、落ちた毛虫が首元から服の中に入ることを防げますよね。

落ちて来た毛虫が、髪の毛に紛れ込んでしまっても厄介ですので、毛虫のいそうな場所へ行く時は、ツバの大きめの帽子をかぶることをおすすめします。

 

毛虫発生前に消毒

自宅の庭で多く見られる毛虫は、4~5月と8~9月に多く発生します。

私の実家もそうなのですが、毛虫が大量発生する前に、噴射器で庭の樹木を消毒する対策もあります。

 

年に2回ほど、消毒を散布することで、毛虫の発生率がだいぶ変わってきますよ。

散布する消毒液は「ベニカDスプレー」がおすすめです。

 

樹木の剪定を定期的に行う

庭の木を剪定して風通しをよくし、毛虫を食べる鳥や虫が入りやすいようにしておくと、自然の力で毛虫の駆除ができる場合もあります。

剪定の際に、樹木の葉の裏に、毛虫の卵が産みつけられていないかも、確認しておくとよいでしょう。

 

卵を見つけた場合は、枝ごと切り取り、ゴミ袋に入れて口をしっかり閉じて処分しましょう。

近くの葉っぱに卵が残っていないのかも、確認しておくとよいでしょう。

 

木酢液を散布

ガーデニングを行っている人の多くが実践している毛虫対策として、木酢液を定期的に散布することが挙げられます。

木酢液には薫製のような匂いがするので、毛虫が嫌がり、寄り付かなくする効果があります。

 

直接毛虫にかけてもそれほど効果はありませんが、定期的に草木に散布することで、毛虫がくっつくことを防止できます。

100倍ほどに薄めて使ってください。

ただし、匂いが苦手なようなら、使うことは避けた方がよいかもしれません。

 

まとめ

多くの人が毛虫に悩み、様々な対策をしています。

外出先での対策なら、着るものや持ち物で対策を、自宅の庭での毛虫対策なら、消毒や剪定で対策を。

場所によっても変わってきますので、自分に合った毛虫対策を見つけ、毛虫で悩むことを少しでも減らしていきたいですね。

 

また、万が一毛虫が発生してしまった場合には、下記の記事も参考にしてみてください。

→ 毛虫の駆除方法4選

そして、その他「毛虫」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

→毛虫に関する様々な情報・症状・対処法まとめ

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ