結膜炎で保育園には登園できる?休むべき期間は?

結膜炎の時、保育園はどうする?について解説!

「結膜炎は人にうつる」と言いますが、子供が結膜炎になってしまった場合、保育園に登園してもよいのでしょうか?

また休む必要がある場合、期間がどれくらいなのでしょうか?

今回はこれらについて詳しく解説していきます。

Sponsored Link

 

そもそも結膜炎とは?

そもそも結膜炎とは、

  • 白目が充血する
  • 目やにがひどくなる
  • 涙が止まらない
  • 目の痛み
  • 目のかゆみ

このような症状が目に表れる、目の炎症のことを言います。

関連記事:結膜炎の様々な情報・症状・対処法まとめ

 

結膜炎は人にうつるものとうつらないものがある

そして結膜炎は、人にうつるものとうつらないものがあります

子供が人にうつる結膜炎にかかってしまった場合は、症状が治まるまで保育園は休まなければなりません。

 

人にうつらない結膜炎

アレルギーによる結膜炎である「アレルギー性結膜炎」は、人にはうつることはありません。

アレルギー性結膜炎は、主なものとして、

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • 動物の毛

これらが原因で起こります。

関連記事:花粉症の情報・症状・対策・薬に関するまとめ記事一覧

 

人にうつる結膜炎

人にうつる結膜炎というのは「ウイルス性結膜炎」という、ウイルスが原因の結膜炎です。

具体的には、

  • 咽頭結膜炎(プール熱)
  • 流行性角結膜炎(はやり目)
  • 急性出血性結膜炎

などがあります。

 

子供にうつりやすい結膜炎は?

そして、子供にうつりやすい結膜炎があります。

それは上記でも少し触れましたが、流行性角結膜炎です。

流行性角結膜炎は通称「はやり目」と呼ばれますが、「はやり」という言葉の通り、感染力の強い結膜炎です。

Sponsored Link

 

この流行性角結膜炎は、アデノウイルスが原因で起こる結膜炎で、

  • 飛沫感染
  • 接触感染

これらの感染経路があります。

関連記事:「アデノウイルス」に関する情報一覧

 

プール熱にも注意

また、子供が感染しやすい結膜炎として咽頭結膜炎、通称「プール熱」があります。

咽頭結膜炎はプールで感染することが多いことから、この呼び名が付けられました。

関連記事:結膜炎の場合、会社は結局どうするべき?

 

保育園を休ませる期間

子供が感染力のある、人にうつる結膜炎にかかってしまった場合、気になるのは「どのくらい保育園を休まなければならないのか」ですよね。

ウイルス性結膜炎は、

咽頭結膜炎(プール熱)

  • 感染から5,6日で発症
  • 完治まで約2週間

 

流行性角結膜炎(はやり目)

  • 感染から1~2週間で発症
  • 完治まで約2~3週間

それぞれこのようになりますので、病院で医師より登園の許可が出るまでは、保育園は登園禁止になります。

 

子供のしぐさに気をつける

ウイルス性結膜炎は感染力が強いため、保育園などの集団生活を送っている子供は、どうして感染しやすくなってしまいます。

そして子供は、自分の体調の変化が分からないことも多いですので、親がしっかりと様子を見てあげるようにしてください。

 

具体的には、

  • 目をこするるしぐさが目立つ
  • 目やにが多い

このような場合は、結膜炎を疑ってください。

 

結膜炎の予防

子供が結膜炎になってしまった場合、親や家族にもうつる可能性は大きいです。

そこで、

  • 子供が使ったタオルは兼用しない
  • 子供の目には触らない
  • 触れてしまった場合は石けんで手を洗う

など、予防を万全にしてくださいね。

関連記事:風邪による結膜炎の症状と治療法・予防法

以上、結膜炎で保育園には登園できる?休むべき期間は?でした。

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ