金属アレルギーに効く市販薬8選

金属アレルギーに効く市販薬8選

金属アレルギーでの痛みや痒みに悩まされている人は、どの薬が自分に合っているのか、また少しでも症状が抑えられるように、薬選びにも気を使いますよね。

そこで今回は、金属アレルギーに効く市販薬8選をご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

Sponsored Link

 

金属アレルギーに効く市販薬

フルコートF

フルコートFは、皮膚の様々な炎症を鎮めてくれる抗炎症治療薬で、金属アレルギーの痒みや炎症にも効果があり、
薬の強さは、市販薬の中では一番強いものに分類されています。

 

成分となるフルオシノロンアセトニドは優れた抗炎症作用があり、フラジオマイシン硫酸塩は皮膚感染を起こす多くの細菌に有効な抗生物質で、細菌の増殖を防いでくれます。

しかし、長期間使用をすることで、にきびや吹き出物が出たり、症状が悪化する場合もあるので注意が必要です。

 

ベトネベートN軟膏

ベトネベートN軟膏も、薬の強さとしては市販薬の中で一番強いものに分類されており、病院で皮膚炎などで処方されるリンデロン-VG軟膏と成分が似ているため、市販薬としてはよく使われることが多い薬で、金属アレルギーの炎症にも効果があります。

成分となるベタメタゾン吉草酸エステルは、皮膚の炎症を抑えてくれ、フラジオマイシン硫酸塩は、殺菌作用があります。

 

オイラックスA

オイラックスAの薬の強さは、市販薬の中では強くも弱くもなくといった感じで、湿疹や皮膚炎、痒み、蕁麻疹に効果を発揮し、金属アレルギーによる痒みや炎症にも効果があります。

成分となるジフェンヒドラミン塩酸塩は痒みを抑え、ヒドロコルチゾン酢酸エステルとグリチルレチン酸は皮膚の炎症を鎮めてくれる働きがあります。

 

その他にも、アラントインは皮膚の組織修復を助けてくれ、イソプロピルメチルフェノール、殺菌する働きがあります。

使用後は熱感を感じることがありますが、短時間のうちに収まるので心配はいりません。

 

ドルマイコーチ軟膏

ドルマイコーチ軟膏の薬の強さは、市販薬の中では強くも弱くもなくといった感じで、湿疹や皮膚炎、痒み、蕁麻疹に効果を発揮し、金属アレルギーによる痒みや炎症にも効果があります。

Sponsored Link

成分となるバシトラシンとフラジオマイシン硫酸塩は、化膿の原因となる細菌に対して抗菌作用があり、また患部の化膿を抑えてくれます。

 

ヒドロコルチゾン酢酸エステルは、痒みや湿疹、かぶれなどを抑える働きがあります。

ただこちらの薬は、まれにアナフィラキシーや息苦しさといった症状が出る場合がありますので、注意してください。

 

セロナ軟膏

セロナ軟膏の薬の強さは、市販薬の中では強くも弱くもなくといった感じで、金属アレルギーによる炎症を抑える効果があり、伸びのよい、油脂性軟膏が特徴です。

成分となるヒドロコルチゾン酪酸エステルは、湿疹や皮膚炎、かぶれなどの炎症を抑える働きがあります。

 

エマゼン軟膏

エマゼン軟膏の薬の強さは、市販薬の中では弱いものに分類され、金属アレルギーによる湿疹や痒みにも効果があり、なめらかで健やかな手肌へ導いてくれます。

成分となるデキサメタゾン酢酸エステルは、湿疹や痒みの炎症を抑えてくれ、イソプロピルメチルフェノールは、殺菌作用があります。

 

その他にも、トコフェロール酢酸エステルは血行を良くして、患部の治りを早めてくれたり、レチノールパルミチン酸エステルは、肌の代謝に働きかけ滑らかにしてくれます。

またdl-メントールは、患部に清涼感を与え、痒みを和らげる働きをしてくれます。

 

オイチミンD

オイチミンDの薬の強さは、市販薬の中では弱いものに分類され、金属アレルギーによる皮膚炎やかぶれに効果があり、保護力の強い半透明の油脂性軟膏が特徴です。

成分となるデキサメタゾンは、火傷や皮膚炎などの炎症や痒みを抑え、トリクロロカルバニライドは、細菌による化膿を防いでくれます。

 

テラ・コートリル軟膏a

テラ・コートリル軟膏aは、金属アレルギーによる湿疹や皮膚炎、痒みにも効果を発揮し、薬の強さは市販薬の中では弱いものに分類されています。

成分となるオキシテトラサイクリン塩酸塩は、優れた抗炎症作用があり、ヒドロコルチゾンは、感染症を起こす多くの細菌に広い抗菌力を示す働きがあります。

 

以上、8つの薬をご紹介してきましたが、どの薬にも赤みや吹き出物が出るといった副作用はありますので、
症状がひどくなった場合は、皮膚科で診てもらってくださいね。

 

まとめ

いかがでしょうか?

金属アレルギーに効く市販薬は、薬の強さも様々なため、効き目や副作用など、どの薬が自分に合っているのか、薬選びにも気を使いますよね。

そんな時は、薬の強さが弱いものから使ってみて、薬の効き目を感じてみるといいかもしれませんね。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ