緊張での吐き気を抑える方法6選

緊張での吐き気を抑える方法6選

緊張した時に起こる症状は、人によって様々ですが、吐き気がすると、何も手につかなくなってしまいますよね・・・。

そこで今回は、緊張での吐き気を抑える方法6選について、ご紹介していきます。

Sponsored Link

 

緊張したら吐き気が起こる原因

緊張した時に吐き気が起こる原因は、いくつかあります。

吐き気は、緊張から来るストレスを排除しようとする、生体の防御反応の1つです。

 

防御反応として、ヒスタミンが体内に放出されて、嘔吐中枢を刺激します。

緊張している時は、胃腸が過剰に活動してしまうため、空腹時や食事直後などに吐き気が起こることがあるんですね。

 

また、緊張した時などストレスがかかる時に、頭痛とともに吐き気を起こる場合もあります。

 

緊張での吐き気を抑える方法

きちんと食事を食べる

緊張していると、食事が喉を通らない人も多いでしょう。

しかし、そんなときこそしっかり食べてください

 

食事をすると、血流がよくなります。

血流が良くなると、緊張がほぐれて吐き気も抑えられます。

 

また、日頃から3食しっかり食べる習慣をつけることで、胃腸の状態も良くなり、緊張しても胃腸への刺激が抑えられます。

なのでしっかりと食べて、緊張しても吐き気を抑えられるようにしましょう。

 

体に良いものを食べる

しっかり食べていても、栄養が偏っているものばかりではいけません。

吐き気の原因の1つは、ストレスが胃腸を刺激することです。

 

また緊張すると、そのストレスが胃腸を過剰に動かします。

胃腸の状態が良くなければ、刺激を受けた時のダメージも大きいです。

 

ジャンクフードや高カロリーの食事ばかりでは、胃腸は弱ってしまいますので、身体に良いものを食べて、胃腸の状態を良くしておくことで、緊張した時の吐き気を抑えることができますよ。

 

心を落ち着ける

緊張して、自律神経のバランスが乱れると、吐き気やその他の症状が体に現れてしまいます。

なので、まず心を落ち着けることが大切です。

 

心を落ち着けるために、「ゆっくりと息を吸って、ゆっくりと息を吐く」という、深呼吸をしてください。

Sponsored Link

また、ストレッチなどをして体をほぐすのも良いですね。

 

体がほぐれると、血流も良くなり、リラックスできます。

吐き気以外の症状にも効果的ですので、緊張していると思ったら、まず深呼吸してみてくださいね。

 

体を温める

体を温めると、体がほぐれて緊張が和らぎます。

特にお腹を温めると、緊張を和らげて胃腸の状態が良くなるので、吐き気が抑えられます。

 

体を温める方法は、温かい飲み物を飲んだり、お腹にカイロを貼るのも良いと思います。

※参考記事:緊張を和らげるドリンク5選

 

ただ、カフェインなど刺激のある飲み物を飲むと、余計にに吐き気がひどくなる場合があるので、注意が必要です。

また、温かいお風呂にゆっくり入るのも、全身が温まり、リラックス効果が期待できますよ。

 

自分に言い聞かせる

緊張したら吐き気が起こるという人は、「吐き気が起きたらどうしよう・・・」と不安に感じているはずです。

その不安な気持ちが、新しいストレスを作り出してしまい、吐き気がひどくなることがあります。

 

そこで、

「緊張したら、吐き気は起こるもの」

と、自分に言い聞かせてください

そうすれば、漠然とした不安な気持ちが抑えられて、それに伴い、吐き気も抑えられますよ。

※参考記事:緊張しない方法5選

 

薬を服用する

緊張や不安に効果的な薬が市販されていますので、薬を服用するのもひとつの手です。

血行を改善して緊張を和らげるものや、興奮を鎮める作用の薬などが売られていますので、探してみてください。

症状により有効な薬が違いますので、医師や薬剤師に相談してから服用してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

緊張での吐き気を抑えるには、体をほぐし、心を落ち着かせることが大切です。

また、体を温めることも重要です。

 

なので普段から、バランスのとれた食生活や体を冷えさない生活を心がけることは、緊張だけでなく、体にとってとても大切なことですね。

そして緊張による、その他様々な症状が出てくる場合には、下記記事を参考にしてみてください。

→緊張から来る腹痛の原因と対処法5選

→緊張での汗を抑える方法5選

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ