緊張しない方法5選

緊張しない方法5選

緊張すると、いつも当たり前にできていることが、できなくなったりしてしまいます。

また緊張すると、汗をかいたりお腹が痛くなったりと、体にも影響が出ますよね・・・。

そこで今回は、緊張しないようにする方法5選をご紹介していきます。

Sponsored Link

 

緊張しない方法

体をリラックスさせる

緊張すると、体の中では交感神経が活発に働きます。

交感神経と副交感神経のバランスが悪くなると、体にも影響が出てしまい、その焦りからもっと緊張してしまいます。

 

なので体をリラックスさせると、副交感神経が働くので、緊張が和らぎますよ。

それでは次に、緊張しないために効果的なリラックス方法について、より詳しくご説明していきますね。

 

深呼吸する

深呼吸は、緊張をほぐす効果も高く、手軽に出来るのでおすすめです。

ゆっくりと大きく息を吸って、ゆっくりと息を吐き出すことで、副交感神経が働きます。

この時の呼吸は、腹式呼吸で行ってくださいね。

 

軽い運動をする

ストレッチや軽い運動は、筋肉をほぐして血流を良くするので、体の緊張がほぐれます。

また、気分転換にもなるので、緊張も和らぎますよ。

 

睡眠時間をしっかり取る

ぐっすり寝ると、疲れも取れてストレスが軽減されます。

ストレスが軽減されると、副交感神経が働くので、緊張も和らぎますよ。

 

体を温める

体を温めると、体がほぐれます。

体がほぐれると、副交感神経が働くので、緊張も和らぎます。

なので、ゆっくりお風呂に入ったり、温かい飲み物を飲むことで体を温めてくださいね。

 

イメージトレーニングや練習をする

人前で話す時や試合に出場する時、また会議でプレゼンテーションをする時など、緊張する場面は人によって様々です。

そのような場面で、予期せぬ事態や不安要素が多いほど、もっと緊張してしまいますよね。

 

なので、

  • 試合前なら、イメージトレーニングをしておく
  • 人前で話すのなら、話す内容を何度も練習したり、質問されそうなことを考えてみる

このようなイメージトレーニングや練習によって、予期せぬ事態や不安要素を減らすことが、緊張を抑えることにつながりますよ。

Sponsored Link

 

経験値を上げる

初めて経験することは、誰でも緊張もするし不安ですよね。

しかし何度も経験していくうちに、慣れてきて緊張しなくなることは多くあります。

 

例えば、車の運転です。

教習所に通い、初めて車を運転した時は緊張しましたが、免許を取って何年も経つと、特に緊張することなく車の運転ができますよね。

このように、経験値を上げるということも大事ですね。

 

完璧を望まない

「ミスは許されない」

そう思うと、誰だって緊張してしまいますよね。

日本人は、何でも完璧にしようとする人が多いそうですが、物事に多少の失敗はつきものです。

 

例えば、何かかの試験で、合格点が80点だとします。

合格するためには、100点を取る必要はなく、80点で良いのです。

 

「80点でいいんだ!」

というように完璧を望まないことで、心の余裕になり、緊張が抑えられることもあります。

ぜひ、余裕のある目標を立てるようにしてくださいね。

 

緊張を味方につける

緊張しない方法を紹介しましたが、それでも緊張する方は、緊張を味方につけてしまいましょう

具体的には、イメージトレーニングをする時に、緊張している自分を想像しておくと、実際に緊張しても予期せぬ事態ではありません。

 

そして、適度な緊張は頭が働き、普段以上の力が出ることもあるそうです。

緊張することにマイナスイメージを持たず、プラスにしておくことで、緊張に対しての不安が消えていくこともありますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

緊張しないためには、緊張する場面で起こりそうなことを予想しておいたり、緊張する場面をたくさん経験したり、慣れることが大切ですね。

また、リラックスした体の状態を作ることも、緊張を和らげるには大切です。

 

体の状態を整え、しっかりとトレーニングをして、安心や自信を持って、緊張しそうな場面に臨んでくださいね。

そして、緊張で様々な症状が出てきてしまった場合には、下記記事を参考にしてみてください。

→緊張での吐き気を抑える方法6選

→緊張から来る腹痛の原因と対処法5選

→緊張での汗を抑える方法5選

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ