キプレスの副作用7つ

キプレスの副作用7つ

「花粉症で鼻水や鼻づまりがひどい時に、キプレスを服用した」という人は多いのではないでしょうか。

キプレスは、気管支喘息やアレルギー性鼻炎に効果がありますが、1日の服用量が決められているほか、副作用もあるため、服用する時には注意が必要です。

そこで今回は、キプレスの副作用を7つをご紹介します。

Sponsored Link

 

キプレスの副作用

下痢・腹痛

鼻水や鼻づまりがひどくて薬を飲んで、下痢になってしまったという人は多いのではないでしょうか?

キプレスの副作用で、下痢や腹痛などの副作用が起きやすいのは、内服の薬が腸管で吸収される時に、腸の粘膜を傷つけて炎症を起こしてしまうためなのです。

 

1日に1、2度なら様子を見てもよいかもしれませんが、1日に何度も下痢をするようであれば、病気の可能性もありますので、医師に相談しましょう。

花粉症・鼻水・鼻づまりに関しては、下記に情報を詳しくまとめています。

→花粉症の情報・症状・対策・薬に関するまとめ記事一覧

→「鼻水」に関する情報一覧

→鼻づまりでの様々な症状と対処法まとめ

 

眠気

キプレスの服用時間帯は「就寝前」となっているため、眠気に気づかない人もいるかもしれないですね。

薬によっては、眠気が強い副作用を持つものもありますが、キプレスの眠気の副作用は、比較的少ないほうです。

 

ただし眠気がひどい場合は、無理にキプレス服用せず、医師に相談してくださいね。

また、眠気が起きると集中力が低下するので、運転や危険な作業を行う場合も、服用には十分注意してください。

 

かゆみや発疹

キプレスに対して、皮膚の免疫機能が過剰に反応すると、かゆみや発疹が出ることがあります。

これは「薬疹」とも呼ばれ、体内にはいった薬剤にアレルギー反応を起こすことで、かゆみや発疹といった症状が出るのです。

Sponsored Link

 

アレルギーによる発疹は通常、症状が現れるのに2~3週間ほどかかり、薬剤による発疹だと気づかない場合もあるので、
発疹やかゆみがひどいといった時は、皮膚科で診てもらうと安心ですよ。

また一度発疹が出ると、その後は同じ薬の服用で、発疹がすぐに現れるようになることが多いので、気づきやすくなるはずです。

 

筋肉・関節痛

キプレスの副作用には、筋痙攣や筋肉痛、関節痛といったものもあります。

筋肉痛や関節痛などが現れた場合、薬の副作用によるものだとは思いませんよね。

 

しかし、症状がひどく心配な場合は、薬の服用をやめてみるか、医師に相談することをおすすめします。

 

血小板減少

キプレスを服用することによって、血小板が減少することがあります。

血小板は、血液に含まれる細胞成分の一つで、怪我をした時に血液を固め、傷口をふさぐ役割があります。

 

そして血小板が減少すると、あざができたり出血しやすくなるため、キプレスを服用した時に、こういった症状が出た場合は、ほったらかしにせず、医療機関を受診してください。

放置していて大怪我をした時に、出血が止まらなくなったら大変ですからね・・・。

 

アナフィラキシー

キプレスの重篤となるような副作用には、急に全身にひどいアレルギー症状が出る、アナフィラキシーがあります。

アナフィラキシーは、薬物へのアレルギー反応により、呼吸困難や血管浮腫といった症状を引き起こし、ひどい場合には、意識障害や血圧低下といった、命を脅かすアナフィラキシーショックとなる可能性があるので、注意が必要です。

 

アナフィラキシーの症状が出てしまった場合は、すぐに医療機関を受診するようにしてくださいね。

 

肝機能障害

また、キプレスの重篤な副作用として、肝炎や肝機能障害が起こることがあります。

肝炎などによる初期症状は、体がだるかったり、吐き気や嘔吐といったものですが、風邪などと症状が似ているため、気づきにくいかもしれません。

 

そのため、長期でキプレスを服用する場合は、その症状に注意し、定期的に肝機能の検査を受けるようにしてください。

 

まとめ

いかがでしょうか?

症状を和らげようと薬を飲んでるのに、副作用でもっと苦しい思いをすることは避けたいですよね。

 

しかし今回のキプレスに限らず、どんな薬にも副作用はありますので、よく注意して服用するようにしてください。

また、薬を服用して体調に変化があった場合は、服用を中止し、医師に相談するようにしてくださいね。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ