気象病の原因と対処法3選

気象病の原因と対処法3選

雨が降ると頭が痛くなったり、体調が悪くなったりしたことはありませんか?

気温や湿度、気圧の変化によって起こる体調不良は、気象病が原因かもしれません。

そこで今回は、気象病の原因と対処法3選をご紹介します。

Sponsored Link

 

気象病の原因

酸素が不足する

空気中の酸素が不足すると、体に取り込む酸素量が減り、頭痛や吐き気など「気象病」の症状が出てしまいます。

吐き気に関しては、下記に情報をまとめています。

→「吐き気」に関する情報一覧

 

これは気圧の変化によるもので、高気圧の酸素が濃い時と比べ、低気圧は気圧が低く酸素が薄いです。

そのため低気圧になると、空気中の酸素が不足し、頭痛や吐き気といった体調不良を引き起こしてしまうのです。

 

血流が悪くなる

血流が悪くなると、気象病の症状である、頭痛やめまいが怒る場合があります。

これは、例えば飛行機に乗った時、持っていたペットボトルがパンパンになるのと同じで、人間の身体も気圧が低くなると、血管が膨張して血流が悪くなり、膨張した血管が頭蓋骨や脳を圧迫して、体調不良を引き起こしてしまうのです。

 

体内の水分調節がうまくいかなくなる

体内の水分調節がうまくいかなくなると、むくみや体のだるさなどが出てきますが、これも気象病の症状なのです。

梅雨や台風の時期に降水量が増え、湿度が高くなることで、体内の水分調節がうまくいかなくなり、体が水分を吸って重たく、だるいっといった体調不良を引き起こしてしまうのです。

 

気象病の対処法

軽い運動やストレッチをする

気象病の症状を改善するには、運動やストレッチが効果的です。

体を動かすと血流が良くなるため、低気圧によって血流が悪くなった血管の滞りは、運動をすることによって解消することができるのです。

Sponsored Link

 

運動をする場合は、激しく動くものではなく、軽く歩くウォーキングや、ゆっくりとしたストレッチなど、心地よい運動が効果的ですよ

それでは次に、血流を良くするストレッチのやり方についてご紹介します。

 

体を伸ばす

足を肩幅に開き、両手をゆっくり上にあげ、手をまっすぐにした状態で、天井から引っ張られるように、グーっと伸ばし、伸ばしきったら下ろします。

この時、体を反らすと腰を痛めてしまうので、まっすぐか、少し前になるぐらいで、手を伸ばすようにしましょう。

 

体を倒す

同じように、両手をゆっくり上にあげ、右手で左手首をつかみ、そのまま右の方へゆっくり体を倒していき、倒しきったら元に戻り、ゆっくり手を下ろします。

この時、スピードを早くすると、背中や脇を痛めてしまうので、ゆっくりと倒すようにしましょう。

 

反対の腕も同じように、左右交互に2回繰り返したら終わります。

簡単にできますので、テレビを見ながらなど、気軽にやってみてください。

また、日頃から体を動かす習慣を付けることも効果的ですよ。

 

規則正しい生活を心がける

  • 睡眠不足
  • 遅くまで起きている
  • 遅くまで寝ている

といった不規則な生活は、体の疲労や免疫力の低下によって、体調を崩してしまいます。

 

睡眠は体の不調を回復し、免疫力を高めてくれるので、疲れた時は無理をせず、しっかりと体を休めることで、気象病の症状を改善することができます。

 

冷暖房の使いすぎに注意する

人間は、気象の変化に適応できる能力を持っていますが、冷暖房などで、室外との温度差をあまりにも大きくすると、身体がうまく適応することができず、体調を崩してしまいます。

そのため、冷暖房を使う時は使いすぎに注意し、外気温との差を5度以内に抑えるようにすることで、気象病の症状を改善することができます。

 

まとめ

今回は、気象病の原因と対処法についてご紹介しました。

気象病は、気圧の変化によって引き起こされる症状でしたが、私たちに天気を操ることは不可能ですよね。

日頃から気象病になりにくい生活をすることで、気象病になった時に、症状を和らげることができますよ。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ