子供の熱が下がらない場合の対処法6選

子供の熱が下がらない場合の対処法6選

大切な我が子の熱が下がらない時、親としてはとても心配ですよね。

そんな時に焦らないためには、正しい対処法を理解しておく必要があります。

そこで今回は、子供の熱が下がらない場合の対処法6選について、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

まず、病院に行くかどうかの判断をする

子供が発熱した場合、まず病院に行くかどうかを判断してください。

  • けいれん
  • ひきつけ
  • 嘔吐

などの症状があったり、意識がもうろうとしている場合は、迷わずに病院へ行きましょう。

 

熱が下がらなくても、元気な場合は様子を見てもOK

熱があっても、子供が元気な場合もありますよね。

なので熱以外に症状がなく、元気に食事も取れている場合、それほど急いで病院へ行く必要はありません。

少し様子を見ながら、経過を待ってもよいでしょう。

※参考記事: 子供に熱があるのに元気な場合の対処法7選

 

それでは次に、そんな時に自宅でできる対処法をご紹介していきます。

 

子供の熱が下がらない場合の対処法

解熱剤を使う

解熱剤に病気そのものを治す力はありませんが、高熱で眠れない時などは、解熱剤を使って、楽にしてあげましょう。

今までの通院で、病院から解熱剤が処方されたものがあれば、それを服用してもよいですし、「小児用バファリン」など、市販薬でも解熱剤が出ていますよ。

 

水分を取らせる

子供の熱が下がらない場合、水分補給はとても大切です。

身体は、体内のウイルスと戦うために、熱を出しています。

 

そして汗もたくさんかきますので、水分が不足した状態では脱水症状になる危険があります。

なのでもし水を飲みたがらない時は、薄めたジュースなどでもよいので、水分を取らせることは優先してくださいね。

Sponsored Link

 

布団から手足を出す

子供が寝ている時も熱が下がらない時は、手足を布団から出して涼しくしてあげましょう。

手足から熱を発散できますし、汗がこもることも防げます。

 

熱を計ったらメモを取る

子供の熱が下がらないと、焦ってしまいがちですが、熱を計った際は、きちんとメモに残すようにしてください。

できれば折れ線グラフになるように、体温の上り下がりが見やすいものがよいでしょう。

 

熱がどの程度下がってきたのか、一目で分かるようになり、冷静になれますよ。

また朝は熱が下がっても、夕方や夜にまた熱が上がるケースは多いので、焦らないでくださいね。

 

冷えピタを、股関節や脇の下に貼る

これは私の義理の母(看護師)から教わった方法なのですが、効果絶大でしたのでご紹介します。

子供の熱が下がらない時は、冷えピタを使うことが多いですよね。

冷えピタはおでこに貼るよりも、股関節や脇の下に貼る方が効果的なのです。

 

小さなお子さんですと、おでこに貼ると嫌がってすぐ取ってしまう子もいますよね。

股関節であれば、ズボンを履かせればなかなか自分では取れませんし、何より効果絶大ですよ。

 

汗をこまめに拭く

子供の熱がなかなか下がらない場合、汗をたくさんかきますよね。

汗をそのままにしてしまうと、症状が悪化する一方です。

なので、汗拭きや着替えをこまめに行って、寒くないようにしてあげてください。

 

焦らないことが大事

子供の熱が下がらない時、初めてのお子さんですと特に、対処に焦ってしまいがちですよね。

私も息子の初めての発熱、嘔吐の度に焦っていました・・・。

 

しかし、その焦る気持ちは自然と子供に伝わってしまうようで、焦れば焦るほど、子供も泣き続けたり、不機嫌になりがちなんですよね。

焦る気持ちは分かりますが、なるべく落ち着いて、どーんと構えて子供と一緒にいてあげてくださいね。

 

まとめ

子供の熱が下がらない場合は、熱以外の症状がなく、意識もはっきりしていれば、急いで病院に駆けつける必要はありません。

水分補給と体温管理に気をつけて、様子を見てあげてくださいね。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ