子供が夜、咳(せき)で辛そうな場合の対処法8選

子供が夜、咳で辛そうな場合の対処法8選

子供が夜、咳で辛そうな状況は、意外と多くありますよね。

そこで今回は、子供が夜、咳で辛そうな場合の対処法8選について、ご説明していきます。

Sponsored Link

 

子供が夜、咳で辛そうな場合の対処法

加湿器を使う

寝室の空気が乾燥していると、子供の喉も乾燥して、夜に咳が止まらなくなってしまうことが多くあります。

喉に乾燥は禁物ですので、冬などの空気が乾燥する時期は、加湿器を使って寝室の湿度を調節してあげてくださいね。

 

ちなみに適正湿度は、40~70%です。

また加湿器がない場合は、濡らしたタオルを部屋にかけておくだけでも効果がありますよ。

 

夜起きた時の水分を用意しておく

子供が夜、咳で辛い時には、呼吸がしにくいことから、夜中に起きることが増えます。

なので、夜中に起きた時にすぐに水分補給できるよう、水筒やコップにすぐに飲める水分の用意をしてあげてください

 

喉が乾くと、咳が止まらない原因となりますので。

また、子供がせき込んで起きてしまった時などは、水分をあげて、少し呼吸を落ち着かせてあげましょう。

 

上半身を斜めにして寝る

夜寝る体勢になった時に、痰が喉に溜まってしまうと、喉が刺激されて咳が止まらなくなり、辛くなってしまいます。

それを防ぐために、子供が寝る時は少しでよいので、上半身を起こした状態で寝かせてあげてください

 

常に上半身を起こしていると、なかなか寝られない子供には、せき込んだ時には身体を起こすようにしてあげてください。

首から起こすのではなく、上半身全体が上がるようにしてあげてくださいね。

 

布団を清潔に保つ

布団に付着している埃やダニを吸い込むと、身体はそれらを外へ出そうと、咳を出します。

ただでさえ子供が夜、咳で辛そうな場合、布団に付いた埃やダニのせいである可能性があります。

それらは喘息の原因にもなると言われていますので、布団は常に清潔を保つようにしてください。

 

寒い寝室を避ける

冷たい空気は、子供の咳を悪化させる原因となります。

Sponsored Link

あまりにも寝室が寒い状態ですと、夜寝る度に咳がひどく辛くなってしまいますので、暖房器具を使って、適温にしてあげましょう。

 

デロンギで有名なオイルヒーターは、空気を汚さず部屋を暖めてくれますので、寝室におすすめの暖房器具ですよ。

加湿器と併用することで、咳の出にくい部屋にしてくれます。

 

マスクをして寝かせる

子供が咳で辛そうな場合、マスクをして寝かせてみるのもひとつです。

マスクは喉の乾燥を防ぎ、埃の侵入も防いでくれます。

 

口を開けて寝る子供も多いので、マスクをすることで直接ほこりを吸い込むことを防止し、咳が出ることを防いでくれます。

しかし、子供は寝相が悪いので、朝までマスクをしたまま寝ることは難しいかもしれませんね・・・。

 

ヴェポラップを塗る

子供が夜、咳で辛そうな時に効果絶大なのが、ヴィックスヴェポラッブを塗ってあげることです。

私も子供の頃、咳が止まらず眠れない時は、母によく塗ってもらっていました。

 

驚くほど効果があったので、咳で辛い時は自分から「ヴェポラップ塗って」と頼んでいたほどです。

長年に渡り多くの人に愛用されていて、咳に大変効果的です。

一家にひとつあると、安心ですよ。

 

病院へ行く

子供が毎晩咳き込んで辛そうな場合は、症状が悪化する恐れもありますので、「ただの咳」と思わず病院を受診してください。

症状に合った薬を処方してもらい、夜よく眠れるようにしてあげましょうね。

 

まとめ

子供が夜、咳で辛そうな時の対処法をまとめてみました。

ひどい場合は病院に行くのが1番ですが、一緒に自宅でできるケアも合わせて、辛そうなお子さんを助けてあげてくださいね。

子供にとって睡眠は、健康な身体作りにとても大切です。

 

睡眠を咳で妨げられることのない環境作りをしてあげましょうね。

また、子供の咳に関しては、下記の記事も参考にしてみてください。

→ 子供の咳(せき)が止まらない場合の対処法9選

Sponsored Link

サブコンテンツ

このページの先頭へ