コクゾウムシの駆除方法7選

コクゾウムシの駆除方法7選

ある日突然、米びつの中に発見してしまうコクゾウムシに、ギョッとしたことの人は多いですよね。

そんなコクゾウムシを見つけてしまったら、一体どうすればよいのでしょうか?

そこで今回は、コクゾウムシの駆除方法7選についてご紹介していきます。

Sponsored Link

 

コクゾウムシの駆除方法

目の粗いザルで振るう

コクゾウムシがいるのを見つけたら、お米が落ちない程度の目の粗いザルに、お米を入れて振るいましょう

コクゾウムシの体長は2~3㎜ほど、色は黒色ですので、目視でいるかいないかを確認することができます。

 

目の粗いザルでよく振るうことで、大部分のコクゾウムシをふるい落すことができたのが分かります。

ただし、この方法でコクゾウムシの成虫は取り除けますが、卵や幼虫はお米の中にいるため、振るい落すのは困難です。

 

天日干しにする

直射日光が当たらないベランダなどにシートを広げ、その上にコクゾウムシがいるお米を薄く広げます。

1~2時間ほどそのまま天日干しにしておくと、コクゾウムシの成虫は逃げていきますよ。

 

直射日光に当てると幼虫は死滅するのですが、お米の味が落ちてしまいますので、美味しくいただくためには直射日光は避けた方が良いでしょう。

また、逃げたコクゾウムシは見える範囲で潰したり取り除いたりすると、再発生を予防できるため、より効果的です。

 

多めの水でよく洗う

お米を研ぐ際には、いつもより多めの水でよく洗いましょう

コクゾウムシの成虫や、死んだ幼虫や卵が産み付けられたお米は、水に浮いてきます。

 

それらを丁寧にすくって、何度か水を入れ替えることで、大部分を取り除くことができます。

最後はザルに入れて流水で洗い流せば、くっついているコクゾウムシも取り除くことができますよ。

 

冷凍する

コクゾウムシは、気温が25度以上になると活動が活発になって繁殖し、15度以下になると活動しません。

そのため、コクゾウムシが発生したお米を数日間冷凍すると、寒さによってコクゾウムシの幼虫と成虫は凍死します。

Sponsored Link

 

ただし、お米を冷凍すると米粒が割れてしまい、炊き上がりが悪くなることがありますので注意してくだだい。

また、冷凍したお米を取り出した後は、結露によりカビが生えやすくなりますので、すぐに消費するようにしましょう。

 

唐辛子やニンニクや生わさびを米びつに入れる

この方法はコクゾウムシの予防対策にもなります。

具体的には、乾燥した唐辛子や乾燥させたニンニク、また生わさびをそのまま米びつに入れます

コクゾウムシは、これらの食材から出る匂い物質が嫌いなためいなくなるんですね。

 

ポイントは唐辛子やニンニクは乾燥させたものを使うこと、ニンニクの場合は皮でも構いません。

生わさびは擦りおろさずに、そのまま入れましょう。

ただし、食材自体が腐ってしまい、お米に害を与えないように気をつけて管理しましょうね。

 

大量発生した場合には殺虫剤を使用する

コクゾウムシが大量発生してしまった場合は、バルサンなどのくん煙殺虫剤を使用するのが良いでしょう。

この場合、殺虫剤が付着したお米は廃棄してください。

 

コクゾウムシは、1匹の成虫が産む卵の数は200個と言われています。

そしてお米の一粒一粒に丁寧に産み付けていきます。

そのためお米の保存法が悪かったりして、コクゾウムシが繁殖が活発化する環境になると、大発生してしまうことがあります。

 

再発生を予防する

コクゾウムシを駆除した後は、再発生させないことが大切です。

なぜならコクゾウムシの幼虫や成虫は駆除できても、卵が残っていることがあるからです。

※参考記事:コクゾウムシはどこから発生?対策法6選

 

そのためには、お米の保存は密閉容器に入れて冷暗所、できれば冷蔵庫で保管しましょう。

また、お米は買ったら早めに消費しましょう。

 

長期間保管すると卵が孵化して再発生してしまうかもしれません。

ただし、コクゾウムシには毒性はないので、食べてしまっても基本的に身体に害はありませんよ。

 

まとめ

以上、コクゾウムシの駆除方法7選について、ご紹介しました。

駆除方法としては、お米を洗う、干す、冷凍する他、唐辛子などの他の食材を使ったり、最終手段としては殺虫剤を使用するのが良いですね。

 

殺虫剤以外は、お米を廃棄せずに食べることもできるため助かります。

また、駆除後はしっかりと予防対策を取るのも大切ですよ。

Sponsored Link

【関連記事】
サブコンテンツ

このページの先頭へ